CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
大阪響、2016年から外山 雄三がミュ−ジック・アドバイザ−に就任

大阪響、2016年から外山 雄三がミュ−ジック・アドバイザ−に就任

 




大阪交響楽団は、2016年3月で任期満了となる現音楽監督・首席指揮者の児玉 宏に代わり、ミュ−ジック・アドバイザ−として日本指揮者界の重鎮、外山 雄三氏を招へいすると発表した。任期は2016年4月から3年間。

 

同響事務局としては、今回の措置はあくまでも児玉音楽監督の『後任』ではないとしている。『後任』は引き続き探すとし、それまでの間に「音楽面でのサポート・アドバイス」を外山氏に求めているという。

 

外山氏は同響を年2回以上の定期演奏会と、年1回(昼・夜の部あわせて2公演)の名曲コンサ−トの指揮を含み、その他主催公演ならびに依頼公演を合わせて、年間概ね10公演程度を指揮することになるという。

 

 
| アルカディア・ニュ−ス | 04:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
サイトウ・キネンを改称、来年からセイジ・オザワフェスティバルに

サイトウ・キネンを改称、来年からセイジ・オザワフェスティバルに

 




毎年夏に長野県松本市
で開かれている国際音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」の実行委員会が会見し、来年から名称を「セイジ・オザワ松本フェスティバル」に改めると発表した。

 

サイトウ・キネン・フェスティバルは小澤征爾の恩師で、多くの音楽家を育てた斎藤秀雄(1902〜74年)をしのんで、オーケストラを結成され、1992年にスタート。教え子でもある小澤が総監督を務め、オペラ公演やコンサートなどを開いてきた。小澤はSKF開始以来、総監督を務めている。今年が斎藤の没後40年、小澤も来年で80歳になるという節目が重なり、音楽祭を定着させ、世界に認知させた小澤の功績をたたえたいとの声が高まったことで改称を決めた。

 

会見で小澤は、数年前に食道がんを患ったことに触れ「もう大丈夫、まだまだ死なないよ」と全快宣言。「昔、米タングルウッドのホールに自分の名前をつけたいと言われたときは『お墓みたいで嫌だな』と思ったけど、ほかにもいろいろ名前を使われることが増えてきて、もう慣れた。後継者も自分なりにいろいろ考えている。斎藤先生の精神を継ぎつつ、音楽の生の力を伝える音楽祭としてこれからも発展し続けてほしい」と語った。

 

 

 
| アルカディア・ニュ−ス | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」の名称を変更へ

「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」

の名称を変更へ

 


サイトウ・キネン財団は6月19日、東京都内で理事会を開き、提案のあった夏の音楽祭「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」の名称変更について、「サイトウ」から総監督である小澤征爾の名を冠した「オザワ」に、変更することを了承した。23日に財団の議決機関である評議員会で正式決定されることになる。

 

理事会では、「セイジ・オザワ松本フェスティバル」「セイジ・オザワ・フェスティバル松本」の2案(いずれも仮称)を評議員会に提出することを決めたという。

 

今年は小澤ら多くの指揮者を育て、音楽祭に名前を冠している教育者・指揮者の故斎藤秀雄(1902−74年)が亡くなって40年、サイトウ・キネン・オーケストラ(SKO)の前身のオーケストラが演奏活動を始めて30年、さらに来年は小澤総監督が80歳を迎える節目となることなどから、名称変更の論議が浮上した。新名称は早ければ2015年から使用される見込みで、世界的指揮者の小澤総監督の名を冠することで国内外にアピールしやすくなり、海外のスポンサー獲得も期待できるという。

 

名称を変更するには、理事会が検討した上で財団議決機関の評議員会が変更を決め、財団の定款を変更する必要がある。名称変更をめぐっては、2010〜12年度にも議論され、実行委などが新名称を公募した経緯がある。ただ、関係者の中には長年親しまれた「サイトウ・キネン」の名称変更には慎重な意見もあり、またSKOのメンバーから「斎藤さんの精神が息づいている名称が重要」との異論が出て、変更を見送った経緯がある。

 

 

 
| アルカディア・ニュ−ス | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスがガンで指揮活動中止

ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスがガンで指揮活動中止

 




読売日本交響楽団事務局によると、同団名誉指揮者のラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスが指揮活動を中止すると表明した。
健康上の理由とあるが、彼は現在ガンに侵されており、事実上の引退ということになる。

 

ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスは、1974年に読響へ初登場。以来、読響との関わりは40年近くにわたり、小林研一郎(特別客演指揮者)と並んで、もっとも共演歴の長い指揮者。1980年10月に第4代常任指揮者に就任、1982年12月まで務め、以後は首席客演指揮者(〜1989年)、名誉指揮者(1990年〜)となり現在に至る。共演回数は外国人指揮者で最も多く、169回の公演を指揮、これは日本人指揮者を含めても全体の第4位に相当するという。

 

膨大なレパートリーの中でも、スペイン音楽の演奏は特に高く評価され、多くの公演でアンコールとして演奏したヒメネスの〈ルイス・アロンソの結婚〉間奏曲は、フリューベック・デ・ブルゴスの代名詞とも言われるほどに高い人気を博した。

 

フリューベック・デ・ブルゴスは現在80歳。「私は癌に侵されており、主治医たちとの協議の結果、今後の一切の指揮活動を中止するべきとの結論に達しました。私自身、とても残念ですが、プロフェッショナルとして活動を続けることが保証できない以上、引き際がやってきたことを認めざるをえません」とコメントしている。

 

 

 

 
| アルカディア・ニュ−ス | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
札響 新首席にマックス・ポンマー

札響 新首席にマックス・ポンマー

 




札幌交響楽団は、2015年4月から3年間、マックス・ポンマーを首席指揮者として就任すると発表した。

 

ポンマーは、1936年、ライプツィヒ生まれ。生地の大学で音楽学を学び、博士号を修得。ヘルベルト・ケーゲルとヘルベルト・フォン・カラヤンのもとで学んだ。その後ライプツィヒ新バッハ合奏団芸術監督、ライプツィヒ放送交響楽団首席指揮者等を歴任した。ポンマーは、昨年11月の同オケの定期でシューマン:交響曲第2番を指揮して絶賛を博し、今回の就任となった。

 

 

 

 
| アルカディア・ニュ−ス | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
井上道義、咽頭がんで活動休止

井上道義、咽頭がんで活動休止

 




指揮者でオーケストラ・アンサンブル金沢音楽監督、
大阪フィルハーモニー交響楽団首席指揮者の井上道義が咽頭がんの治療に専念するため、6月末まで演奏活動を休止することが明らかになった。所属事務所が発表した。

 

それによると、井上は以前からのどに違和感を覚えて、4月半ばに東京都内の病院で診察を受け、組織検査の結果咽頭がんと診断された。

 

すでに出演をとりやめた新潟と金沢の「ラ・フォル・ジュルネ音楽祭」などに加え、今年4月より首席指揮者を務めている大阪フィルの公演(5月21日、ザ・シンフォニーホール)など6月末までの7公演の出演をキャンセルする。なお活動再開の時期は、経過を見て判断するとしている。

 

井上は「医者ははっきり治ると言ってくれました。67歳、まだ巨匠とはいえない指揮者。この後もなれるかは分かりませんが、生き延びたらチャレンジしますから。2カ月はお休みをください」とユーモアを交えてコメントしている。

 

井上は東京都出身。新日本フィル、京都市交響楽団などの音楽監督を歴任し、現在はオーケストラ・アンサンブル金沢の音楽監督、大阪フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者を務めている。

 

 

 
| アルカディア・ニュ−ス | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
山田和樹&日本フィルのマーラー・ツィクルスが決定!

山田和樹&日本フィルのマーラー・ツィクルスが決定!

 




今、世界でもっとも熱い注目を集めている日本人若手指揮者、山田和樹が正指揮者を務める日本フィルハーモニー交響楽団とともに、20151月から3年間にわたりBunkamuraオーチャードホールでマーラーの全曲演奏会に挑む。

 

日本のオーケストラでのマーラー全曲演奏会としては、去る3月に完結した「インバル=都響・新マーラー・ツィクルス」や、古くは1988年に始まった若杉弘&都響による「サントリーホール・マーラー・シリーズ」などがあったが、今回の山田和樹&日本フィルのマーラー・ツィクルスでは、2015年に生誕85年、2016年に没後20年を迎える武満徹の作品がマーラーの前に毎回演奏されるのが特徴として挙げられる。

 

 

Bunkamuraオーチャードホール 新クラシックシリーズ

山田和樹 マーラー・ツィクルス

 

1期 創生

第1回 2015124日(土)

武満 徹 :オリオンとプレアデス*

マーラー:交響曲 第1番 ニ長調「巨人」ハンブルク稿

*チェロ:菊地知也

 

2回 2015 222日(日)

武満 徹 :混声合唱のための「うた」より数曲*

マーラー:交響曲 第2番 ハ短調「復活」**

**ソプラノ:林正子**メゾソプラノ:清水華澄

合唱:東京混声合唱団、武蔵野合唱団

 

3回 2015228日(土)

武満 徹 :3つの映画音楽

訓練と休息の音楽 『ホゼー・トレス』より

葬送の音楽『黒い雨』より

ワルツ『他人の顔』より 

マーラー:交響曲 第3番 ニ短調*

*アルト:山下牧子

*合唱:栗友会合唱団、杉並児童合唱団

 

2期 深化

4回 2016130日(土)

武満 徹 :系図*

マーラー:交響曲 第4番 ト長調**

*ナレーター:未定

**ソプラノ:小林沙羅

 

5回 2016227日(土)

武満 徹 :ア・ストリング・アラウンド・オータム*

マーラー:交響曲 第5番 嬰ハ短調

*ヴィオラ:赤坂智子

 

6回 2016326日(土)

武満 徹 :ノスタルジア

マーラー:交響曲 第6番 イ短調「悲劇的」

 

3期 昇華

7回 2017514日(日)

武満 徹 :夢の時

マーラー:交響曲 第7番 ホ短調「夜の歌」

 

8回 201764日(日)

武満 徹 :星・島(スター・アイル)

マーラー:交響曲 第8番 変ホ長調「千人の交響曲」*

*ソリスト:未定

*合唱:栗友会合唱団、武蔵野合唱団 他

 

9回 2017625日(日)

武満 徹 :弦楽のためのレクイエム

マーラー:交響曲 第9番 ニ長調

 

【指揮】山田和樹

【管弦楽】日本フィルハーモニー交響楽団

【会場】Bunkamuraオーチャードホール

【チケット】

1 (13回)公演分1回券一斉発売  2014913日(土)

Bunkamuraチケットセンター 03-3477-999910001730) ほか

【問】Bunkamura  03-3477-324410:0019:00

 

http://www.bunkamura.co.jp/topics/orchard/2014/04/post_2.html

 

 

| アルカディア・ニュ−ス | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
児玉 宏が大阪響の音楽監督を退任

児玉 宏が大阪響の音楽監督を退任

 




大阪交響楽団は、現在音楽監督・首席指揮者を務めている児玉 宏を2016年3月の任期満了で退任すると発表した。

 

児玉は、大阪響で2008年から同ポストに就任しており、都合8シ−ズンの在任期間となる。なお後任については明らかにされていない。

 

 

 
| アルカディア・ニュ−ス | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
尾高忠明が来年3月、札響音楽監督を退任

尾高忠明が来年3月、札響音楽監督を退任

 






札幌交響楽団は、音楽監督の尾高忠明が2015年3月の任期満了で音楽監督を退任すると発表した。

 

尾高は、札響で1981年から1986年まで正指揮者、1998年から2004年まで常任指揮者を務め、芸術面の最高責任者である音楽監督に就任したのは2004年5月であった。札響の理事会では尾高自身の「楽団のさらなる発展のために退任したい」との意向を示し、承認されたという。尾高は、2015年3月21日から30日まで台湾で行われる海外公演が音楽監督としての最後の指揮となる。なお後任は未定としている。

 

 

 
| アルカディア・ニュ−ス | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
ソチ冬季五輪からの「君が代」を読響が演奏

ソチ冬季五輪からの「君が代」を読響が演奏

 




2月7日に開幕するソチ冬季五輪から、表彰式で流れる国歌「君が代」に読売日本交響楽団の演奏が採用されることが、日本オリンピック委員会(JOC)から発表された。

 

これは、JOCのオフィシャルパートナーである読売新聞東京本社を通じて、「君が代」の音源製作依頼を受けた読響が、昨年9月に、東京・文京シビックホールで収録。読響首席客演指揮者の下野竜也指揮によるフルオーケストラが、近衛秀麿氏編曲の楽譜でレコーディングしたもの。今後はオリンピックで金メダル獲得のときには、国旗掲揚の際に読響演奏の「君が代」が流れるほか、IOCやJOC主催イベントなどでこの演奏が使われることになっている。

 

 

 
| アルカディア・ニュ−ス | 02:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事