CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 関西二期会公演『フィガロの結婚』を観る | main | 『エディタ・グルベロ−ヴァ オペラアリアの夕べ』を聴く >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2011.10.14.)

ィーン交響楽団音楽監督にジョルダン

                 




現在パリ・オペラ座の音楽監督を務めている36歳のフィリップ・ジョルダンが、2014
/15年シーズンからウィーン交響楽団の音楽監督に就任することが決まった。現音楽監督のF.ルイージの契約は、2012/13年までとなる。それに伴い、2013/14年シ−ズンは音楽監督が不在になる。ルイージは、来シーズンよりレヴァインが音楽監督を務めるニューヨーク・メトロポリタン歌劇場の首席指揮者に就くことが決まっている。最近のレヴァインの病状と公演キャンセルの代役を引き受けているルイ−ジにウィ−ン響が嫌気がさした格好だ。

なお、ジョルダンは引き続きパリ・オペラ座の音楽監督も続ける方針だという。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 

 

 
| 欧州クラシック通信 | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 10:07 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。