CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 大阪交響楽団第164回定期演奏会を聴く | main | 欧州クラシック通信(2012.03.22.) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
ペライア/モーツァルト:ピアノ協奏曲全集が驚きの低価格!

ペライア/モーツァルト:ピアノ協奏曲全集

 




Disc1

ピアノ協奏曲第1番ヘ長調K.37

ピアノ協奏曲第2番変ロ長調K.39

ピアノ協奏曲第3番ニ長調K.40

ピアノ協奏曲第4番ト長調K.41

 

Disc2

ピアノ協奏曲第5番ニ長調K.175

ピアノ協奏曲第6番変ロ長調K.238

3台のピアノのための協奏曲ヘ長調K.242(モーツァルト自身による2台ピアノ用編曲版)

 

Disc3

ピアノ協奏曲第8番ハ長調K.246『リュッツォウ』

ピアノ協奏曲第9番変ホ長調K.271『ジュノーム』

2台のピアノのための協奏曲変ホ長調K.365(316a)

 

Disc4

ピアノ協奏曲第11番ヘ長調K.413

ピアノ協奏曲第12番イ長調K.414

 

Disc5

ピアノ協奏曲第13番ハ長調K.415

ピアノ協奏曲第14番変ホ長調K.449

 

Disc6

ピアノ協奏曲第15番変ロ長調K.450

ピアノ協奏曲第16番ニ長調K.451

 

Disc7

ピアノ協奏曲第17番ト長調K.453

ピアノ協奏曲第18番変ロ長調K.456

 

Disc8

ピアノ協奏曲第19番ヘ長調K.459

ピアノ協奏曲第20番ニ短調K.466

 

Disc9

ピアノ協奏曲第21番ハ長調K.467

ピアノ協奏曲第22番変ホ長調K.482

 

Disc10

ピアノ協奏曲第23番イ長調K.488

ピアノ協奏曲第24番ハ短調K.491

 

Disc11

ピアノ協奏曲第25番ハ長調K.503

ピアノ協奏曲第26番ニ長調K.537『戴冠式』

 

Disc12

ピアノ協奏曲第27番変ロ長調K.595

ピアノと管弦楽のためのロンドニ長調K.382

ピアノと管弦楽のためのロンドイ長調K.386

 

マレイ・ペライア(ピアノ&指揮)

ラドゥ・ルプ−(ピアノ K.242K.365

イギリス室内管弦楽団

 

録音時期:197584

録音方式:ステレオ&デジタル(セッション)

 

ソニ−クラシカル(BMG) CD(輸入盤 限定盤)12枚組 88691914112 オ−プンプライス

 

 

ペライア&イギリス室内管弦楽団のモーツァルト:ピアノ協奏曲全集

破格値の廉価盤で登場!

 

現代最高の「美しい演奏」を聴かせるピアニストとしてすでに世界的な名声が確立されているマレイ・ペライア。強音でも決してにごらないクリアな音と、シャープなリズム感の反映された克明かつ滑らかなフレージングは、モーツァルトの作品でもその持ち味を最大限に発揮しており、深い詩情を湛えた気品ある演奏によって高い評価を受けてきた。1975年からほぼ10年の歳月を費やして完成されたこの全集は、「モーツァルト弾き」ペライアの名声を裏付ける名演としてスタート当初から話題を呼び、ジックリとしたペースで完成にこぎ着けている。

 

演奏は、これ以上に洗練されたモーツァルト演奏を想像することは難しい、とまで評されるほど既に定評のあるところで、評論家、吉田秀和氏がペライアの美質として述べた「音楽のつくり方の高雅、繊細、クリアで知的な味わい、軽くて浸透力のある音質をもったタッチ、滑らかで快いレガート、躍動的で弾力的なスタッカート」という諸要素がパーフェクトに活かされた、清新な美しさがたいへん魅力的な名演揃い。アナログ完成期からデジタル初期にかけての録音も優秀なもの。独奏協奏曲25曲と2つのピアノと管弦楽のためのロンド、ラドゥ・ルプーと共演した複数台のピアノのための協奏曲2曲を収録。特に3台のピアノのための協奏曲ヘ長調K.242 は、モーツァルト自身による2台ピアノ用編曲版が採用されていて、注目されるところ。

 

この名盤が新譜CD1.5枚分にも満たない価格の破格値の廉価盤で登場してくれるのは歓迎だが、このボックスにはブックレットは付いておらず、トラック表は、各ディスクの紙ジャケットに記載されているところに『ロ−コスト化』が図られているといったところか。

 

 

 

 
| CD・DVDレビュ− | 15:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 15:34 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。