CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 「こがね製麺所 志度店」でうどんを食す | main | 大阪交響楽団演奏会 来年2月に徳島県内で2公演開催決定! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2012.11.04.)

ネゼ・セガンがドイツ・グラモフォンと契約

 




ヤニック・ネゼ=セガンが、ドイツ・グラモフォンと長期契約を結んだ。DGのプレスリリースによると、モーツァルトの7大オペラの録音が予定され、今夏その第1弾として《ドン・ジョヴァンニ》がリリースされることとなっている。同レーベルでの『モーツァルト:7大オペラ録音プロジェクト』は、1960〜70年代のベームによる録音以来の試みとして注目されている。

 

そのほかにも、彼が首席指揮者を務めるロッテルダム・フィルとの《悲愴》、およびヨーロッパ室内管とのシューマンの交響曲集、協奏曲集が予定されているという。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 

 

 

 
| 欧州クラシック通信 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 22:36 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。