CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 「わかまつ」でプチ打ち上げ | main | 欧州クラシック通信(2012.12.18.) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
大阪交響楽団高知ツア− その2
17日、午後7時より四万十市の四万十市立文化センタ−で大阪交響楽団演奏会が開催されました。昨日と同じく宝くじの助成による宝くじ文化コンサ−トとして行われたもので、昨日と同じプログラムで、ショパンのピアノ協奏曲第1番(ピアノ:近藤嘉宏)と、ベ−ト−ヴェンの交響曲第6番『田園』の2曲。指揮は佐藤俊太郎。

平日の夜公演にもかかわらず、多くの熱心なお客様のご来場があり、会場は熱気に包まれておりました。前半のショパンから聴衆の反応は素晴らしく、拍手がなかなか止まりません。後半の『田園』でも、お客様の集中力の高さは大阪や東京のそれと違わぬほどで、楽団員もさぞや演奏に力が入ったことでしょう。

すべてのプログラムが終わり、会場を後にするお客様の表情を見て、長時間の移動をして四万十市に来て演奏した甲斐があったなぁ、と思いました。また機会がありましたら、ぜひともこの地で演奏をお聴かせしたいとほとんどの楽団員も思っていることでしょう。 
| きょうの出来事 | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:25 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。