CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 短期集中連載:皇紀2600年とクラシック音楽の知られざる関係(第9回) | main | 短期集中連載:皇紀2600年とクラシック音楽の知られざる関係(第10回) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
ティーレマン&ウィーン/『指環』全曲

ティーレマン&ウィーン/『指環』全曲

 



ワーグナー:『ニーベルングの指環』全曲

Disc1-2:『ラインの黄金』

アルベルト・ドーメン(ヴォータン)

マルクス・アイヒェ(ドンナー)

ヘルベルト・リッペルト(フロー)

アドリアン・エレート(ローゲ)

ヤニナ・ベヒレ(フリッカ)

アレクサンドラ・ラインプレヒト(フライア)

アンナ・ラーション(エルダ)

トマス・コニエチュニー(アルベリヒ)

ヴォルフガング・シュミット(ミーメ)、他

 

Disc3-6:『ワルキューレ』

クリストファー・ヴェントリス(ジークムント)

エリック・ハーフヴァーソン(フンディング)

アルベルト・ドーメン(ヴォータン)

ヴァルトラウト・マイヤー(ジークリンデ)

カタリーナ・ダライマン(ブリュンヒルデ)

ヤニナ・ベヒレ(フリッカ)、他

 

Disc7-10:『ジークフリート』

ステファン・グールド(ジークフリート)

リンダ・ワトソン(ブリュンヒルデ)

アルベルト・ドーメン(さすらい人)

トマス・コニエチュニー(アルベリヒ)

アンナ・ラーション(エルダ)

ヴォルフガング・シュミット(ミーメ)

アイン・アンガー(ファーフナー)

ヒェン・ライス(森の小鳥)

 

Disc11-14:『神々の黄昏』

ステファン・グールド(ジークフリート)

エリック・ハーフヴァーソン(ハーゲン)

リンダ・ワトソン(ブリュンヒルデ)

キャロライン・ウェンボーン(グートルーネ)

ヤニナ・ベヒレ(ヴァルトラウテ)、他

 

ウィ−ン国立歌劇場管弦楽団&合唱団

クリスティアン・ティ−レマン(指揮)

 

録音時期:201111

録音場所:ウィーン国立歌劇場

録音方式:ステレオ(デジタル24bit/96Khz/ライヴ)

 

特典映像:それぞれのオペラ公演のダイジェスト映像(2枚組)

 

ドイツグラモフォン CD 4791560(14枚組 輸入盤) オ−プンプライス(2DVD付き


 

 


ワーグナー:『ニーベルングの指環』全曲(14CD+2DVD)

ショルティ以来となるウィーン・フィルによる『指環』の登場

 

2011年のウィーン国立歌劇場最大の話題公演、ティーレマン指揮による『指環』全曲がCDで発売だ。ウィーン・フィル(厳密にいえば今回のオケはウィ−ン国立歌劇場管弦楽団=ほぼウィ−ン・フィル)の『指環』全曲録音としてはショルティ以来のもの。

 

ティーレマンの『指環』は、2008年のバイロイト音楽祭のライヴ盤があり、こちらも非常に高い評価を得ている。このウィーン国立歌劇場でのライヴは2011年11月の1ヶ月で全曲を公演するという、集中的なプロジェクトであり、バイロイトとはまた違った緊張感あるワーグナーの芸術を感じることができるというもの。

 

この数年間で、2度も正規盤として、リングが発売された例は、過去にもなく、バイロイトでも大人気の、まさに現代の「ワーグナー音楽」の守護神!と言っても過言でないティーレマンの指揮、アルベルト・ドーメン、ヤニナ・ベヒレ、アンナ・ラーション、ステファン・グールド、リンダ・ワトソンなどの現在のワーグナー上演には欠かせない豪華な配役など、これ以上ない豪華な組み合わせによる文句なしの『指環』だ。

 

なお、2枚のDVDには、それぞれのオペラ公演のダイジェスト映像が収録されていて、これもまた見ものだ!

 

 
| CD・DVDレビュ− | 16:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 16:17 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://o-arcadia.jugem.jp/trackback/1858