CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< バティアシヴィリ/ヴァイオリン・リサイタル(限定盤) | main | 欧州クラシック通信(2013.09.23.) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
短期集中連載:皇紀2600年とクラシック音楽の知られざる関係(第2回)

短期集中連載:皇紀2600年とクラシック音楽の知られざる関係(第2回)

 

 

第1章 国家的プロジェクト

 

その1 日本万国博覧会(紀元2600年記念日本万国博覧会)

 





紀元2600年記念日本万国博覧会は、東京市(当時)で開催する日本初の国際博覧会で、会場は月島4号埋立地(現在の晴海地区)をメインとして、ほかに横浜・山下公園周辺も会場とし、「東西文化の融合」をテーマに、3月15日から8月31日までの170日間にわたり開催を予定していた。余談だが、現在も隅田川に架かる可動橋として親しまれている勝鬨(かちどき)橋は、当時市内中心部と博覧会場を結ぶアクセス路として建設され、当時隅田川を航行する船舶の多さから、また日本の技術力の高さを誇示するために、日本の技術力のみで建てられており、格式ある美しいフォルムを持った『東洋一の可動橋』として同年に完成させたそうだ。

 

この万博には観客動員を4500万人を予定しており、約50カ国の参加を予定する一大国家的イベントになるはずであった。すでに会場の設計も出来、前売り券の販売も開始されていたが、しかしながら1937年に勃発した日中戦争の激化により、軍部の反対と資材の欠乏、参加国の減少が確実になったことなどで、1938年に無期延期(事実上の中止)が決定したため幻に終わったのであった。ここでまたまた余談であるが、1970年の大阪万博(正式名称は日本万国博覧会)開催の折、この『幻の』万博入場券を持つ人から「延期になった東京万博のチケットはどうしてくれる!」という声が起こり、そのチケットを持つ人は特例として、使用可能(券面番号確認後に各博覧会の招待券が発行され、券そのものは返却された)となった。2005年の愛知での「愛・地球博」(正式名称日本国際博覧会)でも同様の措置が取られ、大阪では約3000枚が、愛知では約90枚が使用されたという。

 

 

 

 
| 短期集中連載:皇紀2600年とクラシック音楽の知られざる関係 | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:35 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。