CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 短期集中連載:皇紀2600年とクラシック音楽の知られざる関係(第8回) | main | ヤンソンス/英雄の生涯(映像) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2013.11.13.)

モルティエ、ガンでマドリッド王立歌劇場の総監督を退任

 




マドリッド王立歌劇場の総監督ジェラール・モルティエが、同職を即時退任することになった。モルティエは、ガンを患っており、これに対して当局より退職が勧告されたという。すでに後継者は決定しており、バルセロナ・リセウ大劇場のホアン・マタボッシュが即時着任した。マタボッシュは当面、バルセロナとマドリッドのポストを兼任するという。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 

 

 

 
| 欧州クラシック通信 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 22:39 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://o-arcadia.jugem.jp/trackback/1874