CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< エステート劇場 | main | 来年1月、大阪交響楽団ニュ−イヤ−・ガラ・コンサ−トが愛媛で開催 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
短期集中連載:皇紀2600年とクラシック音楽の知られざる関係(第5回)

短期集中連載:皇紀2600年とクラシック音楽の知られざる関係(第5回)

 

 

第2章 祝典行事(その2)

 

その2 奉祝音楽会(続き)

 




1940年5月9日、まずヴェレッシュの曲
「交響曲(第1番)」がハンガリーから帰国してきた書記官によって届けられた。続いてシュトラウスの曲「皇紀2600年祝典曲 作品84」が4月23日に完成し、6月11日(シュトラウス自身の誕生日)にベルリンの日本大使館で、シュトラウスから駐ドイツ大使来栖三郎に(ただし、直筆のオリジナルでなく自筆譜を写真複写したものにシュトラウス自身の自筆の献呈文を添えて)手渡された後、7月19日に東京に到着した。同日、イベールの曲「祝典序曲」も到着し、それと前後してピツェッティの曲「交響曲イ長調」も日本に届いた。

 

しかし、ブリテンの曲は到着したものの議論を巻き起こす。曲が「シンフォニア・ダ・レクイエム」(鎮魂交響曲)だったからだ。「日本の紀元2600年を祝う場にふさわしくない」という理由に加え、イギリスが敵性国家(先に締結した日・独・伊 三国同盟により)になったので、結局ブリテンの名は消え、作品は演奏されなかったが、委嘱料の支払いは約束通り7,000円(今の価値で約1,000万円)行なわれている。なお、ブリテンの作品に関しては、従来から「レクイエム」の名を冠したことなどについて様々なことが言われてきているが、この曲の成立にはブリテンの個人事情も絡んでおり、事情は複雑である。少なくとも一部資料に見られる「返却」は行われていない。

 

各国から送られてきた総譜は山本直忠(山本直純の父)が校正にあたり、この演奏会のために6団体から160名によって特別に結成された「紀元二千六百年奉祝交響楽団」の下振りには斉藤秀雄(小澤征爾の師匠)があたったそうである。演奏会の練習は10月12日から2ヶ月間にわたって実に30回も行われた(初演もの4曲なら仕方ない?)が、オーケストラの編成の規模が大きすぎたのか、はたまたこれら4曲の演奏レヴェルが当時の日本のオ−ケストラには高すぎたのか、音を合わせることすらあまりうまくは行かなかったようである。

 

「紀元二千六百年奉祝交響楽団」の編成は、新交響楽団(現NHK交響楽団)、中央交響楽団(現東京フィル)、東京放送管弦楽団、宮内省楽部(現宮内庁式部職楽部)、東京音楽学校(東京芸術大学)、星桜吹奏楽団の6演奏団体(なお、資料によっては7団体とするものもあるが、その場合に勘定される「日本放送交響楽団」は、新響がラジオ出演する際に名乗る名称であり、新響と同一団体であるので、ここでは6団体とした。)のメンバー総勢164名(演奏会によって1人抜けたらしく、163名とする資料もある)からなった。

 

 

 

 

 
| 短期集中連載:皇紀2600年とクラシック音楽の知られざる関係 | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 13:31 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。