CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< いよいよ帰国 | main | 欧州クラシック通信(2013.11.07.) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
短期集中連載:皇紀2600年とクラシック音楽の知られざる関係(第7回)

短期集中連載:皇紀2600年とクラシック音楽の知られざる関係(第7回)

 

 

第3章 日本で作曲された奉祝曲

 

日本国内でも紀元2600年を祝う曲が数多く作曲され、演奏されたようだ。すでに前年の1939年には新交響楽団(現在のNHK交響楽団)が主催して紀元2600年を祝う管弦楽曲を公募し、14作品の応募があったのだが、審査員の信時潔、諸井三郎、ヨ−ゼフ・ロ−ゼンシュトックらの審査の結果、『該当作品なし』となった。その他、日本中央文化連盟などが奉祝曲を募集し、いくつかの演奏会で披露された。なお、邦人作曲家の作品は、前述の奉祝演奏会では演奏されず、別の機会に演奏されたようである。

 

主だった日本人作曲家による「奉祝曲」

伊福部昭:交響舞楽「越天楽」

橋本國彦:交響曲第1番

信時潔:交声曲「海道東征」

箕作秋吉(当時は秋吉元作):序曲「大地を歩む」

清瀬保二:「日本舞踊組曲」

大木正夫:「羽衣」

大沼哲:「大歓喜」

斉藤丑松:行進曲「大日本」

陸軍戸山学校軍楽隊:行進曲「大日本」

山田耕筰:歌劇「黒船」(初演時は「夜明け」)

市川都志春:交響組曲「春苑」

宮城道雄:祝典箏協奏曲、寄櫻祝、大和の春

大澤壽人:交響曲第三番「建国の交響楽」、交声曲「万民奉祝譜」、交声曲「海の夜明け」

菅原明朗:紀元二六〇〇年の譜、交声曲「時宗」

尾高尚忠:ピアノ・ソナチネ

中山晋平:新民謡「建国音頭」

柳田義勝:新民謡「建国舞踊」

飯田信夫:舞踊曲「仏教東漸」

 

 

 

 

 
| 短期集中連載:皇紀2600年とクラシック音楽の知られざる関係 | 16:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 16:34 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://o-arcadia.jugem.jp/trackback/1893