CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 人気ヴァイオリニスト千住真理子と大阪交響楽団が来週、高知で競演! | main | 欧州クラシック通信(204.03.10.) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
ブラームス:交響曲第2番&ヤナーチェク:グラゴル・ミサ ヤンソンス&バイエルン放送響

ブラームス:交響曲第2番&ヤナーチェク:グラゴル・ミサ 
ヤンソンス&バイエルン放送響

 




1.
 ブラームス:交響曲第2番ニ長調 Op.73

2. ヤナーチェク:グラゴル・ミサ

 

タチアナ・モノガロワ(ソプラノ:2

マリナ・プルデンスカヤ(メゾ・ソプラノ:2

ルドヴィット・ルーダ(テノール:2

ペーター・ミクラーシュ(バス:2

イヴェタ・アプカルナ(オルガン:2

バイエルン放送合唱団(2

バイエルン放送交響楽団

マリス・ヤンソンス(指揮)

 

収録時期:20124

収録場所:ルツェルン、KKLコンサート・ホール(ライヴ)

 




BD仕様】

収録時間:88

画面:カラー、16:91080i High Definition

音声:PCMステレオ2.0dts-HDマスターオーディオ5.0

字幕:独、英、仏、韓

 

アルトハウス 108080(輸入盤) オ−プンプライス

 



DVD仕様】

収録時間:88

画面:カラー、16:9

音声:PCMステレオ2.0、ドルビーデジタル5.0

字幕:独、英、仏、韓

NTSC

 

アルトハウス 101684(輸入盤) オ−プンプライス

 

 

ブラームス:交響曲第2番&ヤナーチェク:グラゴル・ミサ

マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団

 

先頃、2018年までバイエルン放送響との契約延長が決定した名指揮者マリス・ヤンソンス。これまで以上に素晴らしい演奏を次々と繰り出してくることは間違いなしなのだが、今回も魅力的な1枚が登場した。スイス・ルツェルンでの復活祭のコンサ−トを収録したものだ。

 

そんなヤンソンスのブラームスは、以前にも聴く機会があったが、ヤンソンスはブラームスの交響曲第2番を得意としており、CDでもすでにオスロ・フィル、コンセルトヘボウ管弦楽団、バイエルン放送交響楽団との録音がリリースされており、どれも高い評価を受けているので、今回の映像作品でのリリースも楽しみなところ。ブラームスはいつもの如く流麗で、つぼをついた解釈。全てが躍動的であり力強さも存分に備えている納得の演奏だ。

 

一方、ヤナーチェクの「グラゴル・ミサ」についてはレアな選曲と言ってもよいだろう。ヤナーチェクが、古代スラヴ語であるグラゴル文字の典礼文を用いた大作『グラゴル・ミサ』については、近代管弦楽法の充実した書法や、ユニークな声楽の扱いなど、ヤンソンスが得意そうな要素を多く含む作品ということもあり、こちらにも期待ができる。ヤナーチェク晩年の作品であり、崇高な理念と愛の精神が結びつけられた熱い音楽で、ここでは演奏者、指揮者、歌手、合唱、そしてオルガンの全てが融合、音による巨大な大伽藍が構築されている。ソリストたちの熱唱もさることながら、これまた特異な才能の持ち主として知られる女性オルガニスト、イヴェタ・アプカルナの目もくらむような虹色の音色にも眩惑されること間違いなし。

 

 

 

 
| CD・DVDレビュ− | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 18:00 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://o-arcadia.jugem.jp/trackback/1908