CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 欧州クラシック通信(2014.04.09.) | main | N響が今年も愛媛にやってくる! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
ヤンソンス&ウィーン・フィル 2012年ザルツブルク・ライヴ

ヤンソンス&ウィーン・フィル 
2012年ザルツブルク・ライヴ

 

R.シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』 Op.20

ワーグナー:ヴェーゼンドンク歌曲集

ブラームス:交響曲第1番ハ短調 Op.68

 

ニ−ナ・シュテンメ(ソプラノ)

ウィーン・フィルハ−モニ−管弦楽団

マリス・ヤンソンス(指揮)

 

収録時期:20128

収録場所:ザルツブルク音楽祭(ライヴ)

 




BD仕様】

収録時間:95

画面:カラー、16:91080i Full-HD

音声:PCMステレオ、DTS-HD Master Audio5.1

字幕:英、独、仏

 

ユ−ロア−ツ 2072624(輸入盤) オ−プンプライス

 




DVD仕様】

収録時間:95

画面:カラー、16:9

音声:PCMステレオ2.0、ドルビーデジタル5.

字幕:英、独、仏

NTSC

 

ユ−ロア−ツ 2072628(輸入盤) オ−プンプライス

 

 

2012年ザルツブルク音楽祭のライヴ!

ヤンソンス&ウィーン・フィル

充実のプログラムで聴かせる白熱の演奏

 

2012年ザルツブルク音楽祭のライヴ映像。2012年に共演20周年を迎えたマリス・ヤンソンスとウィーン・フィル(最初の共演は1992年のウィ−ン・コンツェルトハウスにおける『ミトロプ−ロス記念演奏会』)。ニューイヤー・コンサートに続きザルツブルク音楽祭でも相性抜群のコンビネーションと冴えわたる指揮振りで充実のプログラムを聴かせてくれている。

 

スペインの伝説上の人物ドン・ファンを主題としたニコラウス・レーナウの詩に基づいて作曲されたR.シュトラウスの交響詩第1作目の『ドン・ファン』。ウィーン・フィルの艶やかな音色としなやか表現力で、R.シュトラウスの魅力が凝縮された演奏も特筆すべき点であるが、R.シュトラウスを得意とするヤンソンスの巧みなドラマ作りと、磨き抜かれた響きは、まさにヤンソンスの独壇場ともいえる。スウェーデン出身現在絶好調のソプラノ、ニーナ・シュテンメが歌うワーグナーのヴェーゼンドンク歌曲集。そしてヤンソンスが実演でもよく取り上げ、バイエルン放響やオスロ・フィルとの共演盤でも高い完成度の音楽を披露しているブラームスの交響曲第1番。情緒溢れる旋律を描き出し、ウィーン・フィルの美麗な音色を引き出すヤンソンスの情熱が注ぎ込まれた演奏は、作品に新たな生命力を与えることに成功している。

 

 

 

 
| CD・DVDレビュ− | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 10:57 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://o-arcadia.jugem.jp/trackback/1909