CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< ブフビンダ−とウィーン・フィル | main | 10月26日は「国家祝日」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
ティーレマンとウィーン・フィル
26日、15時半より、ウィーン楽友協会大ホールにて、クリスティアン・ティーレマン指揮、ウィーン・フィルの演奏会が行われた。曲目はオール・ベートーヴェンで、交響曲第4番と第3番「英雄」の2曲。

今回のこのコンサートは、この後来月行われる日本公演での「ベートーヴェン・ツィクルス」の準備としても行われたもので、いわゆる「前哨戦」に注目が集まった。

筆者は、ティーレマンとウィーン・フィルの「ベートーヴェン・ツィクルス」(この公演の模様は、CDおよび映像収録された)のなかで、2009年11月の第7番と第8番、2010年4月の第5番と第6番、そして第9番をここ楽友協会大ホールで聴いている。今回、今日のコンサートと来週月曜日(28日)のコンサート(この日は第1番と第2番)で、筆者のウィーン楽友協会における、ティーレマンとウィーン・フィルによるベートーヴェン・ツィクルスが「完結」することとなるのだ。

基本路線としては、「ベートーヴェン・ツィクルス」を踏襲しているものの、細かい部分で「マイナーチェンジ」が施されており、一定の効果を挙げている。特に第4番は、少し軽い印象なのだが、決して昨今流行りのかる〜い演奏ではなく、骨太な感じ。所々にクライバーを連想させるのは私だけだろうか。

変わって「英雄」は、がっちりとした構築で、勇壮豪快な演奏。第2楽章はキッチリと繰り返すもんだから、60分コースの長丁場となったのだが、その長さを感じさせないほどの集中力があったのも事実。いつものティーレマン節炸裂で、素晴らしいの一言に尽きる。
| コンサートレビュー | 01:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 01:58 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://o-arcadia.jugem.jp/trackback/1938