CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 来月、関西二期会によるコンサ−ト「映画音楽とオペラアリアへの誘い」が徳島で開催! | main | 短期集中連載:皇紀2600年とクラシック音楽の知られざる関係(第15回 最終回) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2013.12.16.)

フィンランドのバスバリトン、トム・クラウゼが死去

 




フィンランドのバスバリトン、トム・クラウゼが死去した。79歳だった。

 

クラウゼは1934年、ヘルシンキ生まれ。始めは医学を志し、ヘルシンキ大学の医学部に進んだが、やがて音楽の道に進み、ウィ−ン国立音大で学ぶ。1958年にベルリン市立歌劇場(現ベルリン・ドイツ・オペラ)でビゼーの『カルメン』のエスカミーリョを歌ってオペラ歌手としてのデビューを果たす。1961年からは活動の場をハンブルク国立歌劇場へ移し、モーツァルトの諸役で活躍。1968年にカラヤンの指揮でザルツブルク音楽祭にデビュー。グラインドボ−ン音楽祭や、バイロイト音楽祭、またウィ−ン、ロンドン、パリ、ニュ−ヨ−クなどの主要な歌劇場に客演を果たしている。1980年代以降は教職にも従事し、ハンブルク音楽大学、マドリッド・ソフィア女王音楽院で教えていた。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 

 

 

 
| 欧州クラシック通信 | 02:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 02:00 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。