CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< F=ディースカウとポリーニの一期一会の『冬の旅』 | main | 欧州クラシック通信(2014.02.12.) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2014.02.10.)

ベルリン・フィル2014年のヨーロッパ・コンサートは、お膝元で開催

 




今年のベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサートは、2000年以来14年ぶりにベルリン・フィルハーモニーで開催されることが発表された。これはベルリン・フィルの本拠地であるこのホールが、今シーズン開場50周年を迎えたため。

 

指揮者は、バレンボイムが担当し、プログラムは、生誕450周年となるシェイクスピアにちなむ英独の作品(ニコライの「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲と、エルガーの「ファルスタッフ」)と、チャイコフスキーの「交響曲第5番」となっている。

 

バレンボイムのベルリン・フィル・デビュ−は、1964年6月に、ブーレーズの指揮でピアニストとしてデビューしていることから、その意味で、同様に50周年を祝う機会となる格好だ。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 

 

 

 
| 欧州クラシック通信 | 04:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 04:00 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。