CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 欧州クラシック通信(2014.02.13.) | main | 欧州クラシック通信(2014.02.20.) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
人気ヴァイオリニスト千住真理子と大阪交響楽団が来月、高知で競演!

人気ヴァイオリニスト千住真理子と

大阪交響楽団が来月、高知で競演!

千住真理子&大阪交響楽団

高知公演

 

 



近年特異な活動を続け、
心境著しい大阪のプロ・オ−ケストラ、大阪交響楽団が、来月11日に高知市の高知県立県民文化ホ−ルで千住真理子&大阪交響楽団』を開催いたします。

 

大阪交響楽団は、1980年に創設、楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』をモットーに提唱。いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」であると評されています。音楽クリティック・クラブ賞や大阪府知事表彰、文化庁芸術祭「芸術祭大賞」を受賞するなど、数多くの賞を受賞しており、文字通り『関西を代表する』オ−ケストラとして揺るぎない地位を獲得しています。また近年は、あまり知られていない作品を発掘し、演奏する『ディスカヴァリ−・クラシック・シリ−ズ』が評判となり、定期演奏会(大阪・ザ・シンフォニ−ホ−ルで開催)には全国から聴衆が詰めかけるなど、クラシック音楽界の新たな分野を突き進んでいる『特異な』存在として注目されています。

 




また、ヴァイオリニストの千住真理子さんは、今さら語る必要のないほど、人気のヴァイオリン奏者であり、国内外の数多くのオ−ケストラと共演を重ね、数々の賞を受賞している、文字通り「日本を代表する」ア−ティストのひとりであります。

 

プログラムはいずれも名曲中の名曲ばかり。まずはオ−ケストラがチェコの作曲家、スメタナの代表作、交響詩『モルダウ』を演奏します。この言わずと知れた名曲は、スメタナの故郷プラハの街を悠々と流れるモルダウ(チェコ語ではブルタヴァ)川の源流から流域の人々の生活、狩りや祭りの様子、川面に光る月明かり、そして妖精が舞う姿、急流を過ぎてプラハ市内を流れ、そしてかなたに去っていく・・・。という様子を、祖国への深い愛情も込めた作品です。

 

続いて、千住さんをお迎えして、チャイコフスキ−のヴァイオリン協奏曲です。この曲は、数あるヴァイオリン協奏曲の中でも最も有名な曲のひとつであり、『三大ヴァイオリン協奏曲』のひとつとして知られる超名曲です。

 

休憩後は、これもおなじみのドヴォルザ−クの交響曲第9番『新世界より』です。ドヴォルザ−クはこの作品を作曲当時、ニュ−ヨ−クのナショナル音楽院の院長として故郷を離れ、『新世界』(アメリカ)から『故郷』ボヘミアへ向けてのメッセージ、といった意味とともに、アメリカ独自の音楽(特に黒人音楽)とボヘミアの音楽に似ていることに刺激を受けたことから作曲された名曲です。

 




これら民族色のあふれる名曲のタクトを執るのが、
佐藤俊太郎氏です。彼はイギリス室内管弦楽団のアソシエート・コンダクターや、フィンランドのクオピオ交響楽団首席指揮者などを務め、これまでに、ロンドン・フィル、フィルハーモニア管、ヘルシンキ・フィル、フィンランド放送響、タピオラ・シンフォニエッタ、ラハティ響、オランダ放送響、 ボストン室内管など数多くのオーケストラに客演を重ねている。日本でも札響、日本フィル、新日本フィル、読売日響、大阪フィル、大阪響、京都市響などに客演。 ズッカーマン、デュメイ、パウク、ナイジェル・ケネディ、マイスキー、サラ・チャン、バーバラ・ヘンドリックスなど著名なソリストとのと協演も重ね、また2003年にはエリザベス女王からこれまでの活躍に対して表彰を受け、王立音楽院会員(ARAM)の称号を与えられた実力派です。

 

早春の一夜、名曲に心ゆだねるひと時をぜひ味わってみてはいかがですか?

 

 

公演日程:

2014年 3月11日(火) 18時30分開演 高知県立県民文化ホール

 

出演:

管弦楽 大阪交響楽団

指揮 佐藤 俊太郎

ヴァイオリン 千住 真理子

 

曲 目:

スメタナ:交響詩「モルダウ」

チャイコフスキ−:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 op.35

ドヴォルザ−ク:交響曲第9番ホ短調 op.95 「新世界より」

 

入場料:

S席 ¥6,000、A席 ¥4,500、B席 ¥3,000 (全席指定 当日、各¥500増)

 

主催:

高知県立県民文化ホール

 

お問合せ・お申込み:

高知県立県民文化ホール 

TEL(088)824−5321

 

 

 

 
| コンサ−ト・イベント情報 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:19 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://o-arcadia.jugem.jp/trackback/2030