CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< ヤンソンスの新・ベートーヴェン全集(東京&ミュンヘン・ライヴ2012) | main | 児玉 宏が大阪響の音楽監督を退任 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2014.03.31.)

アバドの代役はネルソンス

 




先だってのアバドの訃報により、今年のルツェルン音楽祭でアバドが指揮することになっていた祝祭管弦楽団演奏会を、アンドリス・ネルソンスが指揮することになったと音楽祭当局より発表された。但し予定されていたアバド指揮の計5回の演奏会のうち、8月25日の演奏会は、ダニエレ・ガッティ指揮のマーラー室内管弦楽団演奏会に変更になった。祝祭管弦楽団演奏会は、アバドの遺志を尊重して、同じソリスト、同じ曲目で行われる。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 

 

 

 
| 欧州クラシック通信 | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 11:14 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。