CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< ブリテン『戦争レクイエム』世界初演ライヴ | main | ヤンソンスの新・ベートーヴェン全集(東京&ミュンヘン・ライヴ2012) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2014.03.26.)

ウィーン国立歌劇場2014/15シーズンのプログラム発表

 




ウィ−ン国立歌劇場の来シ−ズンの予定が発表された。それによると、来シ−ズンはオペラ公演223回(子どものための公演を含む)、バレエ公演56回、コンサ−ト7回など。

 

まず新演出は全部で6演目。モーツァルトの「イドメオネ(10月5日初日)、ムソルグスキーの「ホヴァーンシチナ(11月15日初日)、ヴェルディの「リゴレット(12月20日初日)、リヒャルト・シュトラウスの「エレクトラ(2015年3月29日初日)、ドニゼッティの「ドン・パスクワーレ(4月26日初日)、トーマス•アデスの「テンペスト(6月14日オーストリア初演)となっている。ほかにバレエが3演目あり、今年生誕150年を迎えるリヒャルト・シュトラウスのバレエ「ヨゼフ伝説」(2015年2月4日初日)も含まれる。

 

また、エディタ・グルベローヴァのウィ−ン国立歌劇場デビュ−45周年記念コンサートがおこなわれ、数々の名唱称をくりひろげてきたベルカント・オペラのアリアが歌われる(2015年2月7日)。もうひとつ、ニール・シコフのオペラ・デビュ−40周年記念コンサートも行われる(5月3日)。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 

 

 

 
| 欧州クラシック通信 | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 10:43 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。