CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 井上道義、咽頭がんで活動休止 | main | 欧州クラシック通信(2014.05.05.) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2014.05.01.)

今年のベルリン・フィル ヨーロッパ・コンサートはバレンボイムが指揮

 




ベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサートは、1991年より毎年楽団が創設された5月1日に、ヨーロッパ各地のホールや建築物で開催されているが、今年はベルリン・フィルの本拠地であり、昨年10月に開場50周年を迎えたフィルハーモニーで行われた。

 

この日の指揮はダニエル・バレンボイム。バレンボイムは、1964年(ということは今年がベルリン・フィル デビュ−50周年!)6月、ピエール・ブーレーズ指揮でバルトーク「ピアノ協奏曲第1番」を弾いてベルリン・フィル・デビュー。その6年後には、指揮者として初登場し、半世紀にわたりベルリン・フィルとの密接な関係にある。プログラムは、前半は今年生誕450周年となるシェークスピアに因んだ作品が2作(ニコライ:《ウィンザーの陽気な女房たち》序曲、エルガー:交響的習作《ファルスタッフ》。後半には、チャイコフスキーの「交響曲第5番」が演奏される。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 

 

 
| 欧州クラシック通信 | 12:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 12:47 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。