CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 欧州クラシック通信(2014.05.28.) | main | 札響 新首席にマックス・ポンマー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2014.06.02.)

ベルリン・フィルが2014/15シーズンの予定を発表

 




ベルリン・フィルが2014/15シーズンの予定を発表した。シーズンのハイライトは、シベリウス、シューマン&ブラームスのふたつのツィクルス。サー・サイモン・ラトルの指揮で、3人の作曲家のすべての交響曲が演奏される。シベリウス・ツィクルスは、この作曲家の生誕150周年を記念するものでもあり、ラトルの60歳の誕生日を記念するロンドン・ツアーでも演奏されるという。またラトルは、『ベルリンの壁』開放25周年演奏会で、ベートーヴェン「交響曲第9番《合唱付き》」を指揮する予定。

 

客演指揮者は、B.ハイティンク、L.マゼール、H.ブロムシュテット、D.バレンボイム、M.ヤンソンス、R.シャイー、V.ゲルギエフ、D.ラニクルズ、C.ティーレマン、P.ヤルヴィ、A.ギルバート、K.ペトレンコ、T.ソヒエフ、A.ネルソンス、G.ドゥダメルなどが登場する。またG.ノセダが、ベルリン・フィルに初登場するのも話題のひとつ。またD.ガッティが14年ぶり、R.ムーティが5年ぶりに客演することも話題だ。ソリストでは、ピアニストのM.アルゲリッチが、1996年のアバドとの共演以来、実に18年ぶりに定期登場するし、またユジャ・ワンが、ベルリン・フィル・デビューを果たす。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 

 

 
| 欧州クラシック通信 | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:29 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。