CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 今日はリヒャルト・シュトラウスの150回目の誕生日 | main | 欧州クラシック通信(2014.06.12.) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2014.06.12.)

ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスが死去

 




先日、当コ−ナ−でとりあげた
指揮者、ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスが11日、スペイン・パンプローナ市内の病院でがんのため死去した。80歳だった。

 

彼は1933年9月15日にスペイン・ブルゴスに生まれる。ビルバオやマドリードとドイツ・ミュンヘンで学んだ。特にミュンヘンではR.シュトラウス賞(奇しくも命日とシュトラウスの誕生日が同じ)を授与されている。フランス・スペイン音楽とワーグナーやブラームスなどのドイツ・オーストリア音楽の両方を得意とし、欧米の主要なオーケストラ、オペラハウスで活躍。ライン・ドイツ・オペラやベルリン・ドイツ・オペラの音楽総監督やビルバオ交響楽団、スペイン国立管弦楽団、ベルリン放送交響楽団、デンマーク国立放送交響楽団などの首席指揮者や、ウィ−ン交響楽団、モントリオ−ル交響楽団、スペイン国立管弦楽団の音楽監督を歴任した。

 

わが国には読売日本交響楽団とのかかわりが深く、1974年に初めて客演して以来良好な関係を結び、80年から83年に第4代常任指揮者、その後は90年まで首席客演指揮者を務めた。91年に名誉指揮者となり、2012年に来日して指揮したのが最後となった。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 

 

 
| 欧州クラシック通信 | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 11:02 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。