CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 欧州クラシック通信(2014.06.30) | main | クロ−ゼ、ついに記録更新! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2014.07.07.)

Z.メ−タ、バレンシア州立歌劇場を辞任

 




世界的指揮者のズ−ビン・メ−タが、
バレンシア州立歌劇場の監督の地位を辞任したと発表した。自身が開いた記者会見によれば、「毎年毎年予算が削られていけば、いずれは地方の小劇場になってしまう」と州政府の倹約財政に反対している。

 

バレンシア州立歌劇場はスペインの不動産バブルの頃に建設され、2006年にオープンした新しい歌劇場で、最新の舞台設備を誇り、数年前に制作した「ニーベルングの指環」は映像を駆使したプロダクションとして有名であった。

 

そんな金持ちの歌劇場も、ここ数年のユーロ危機の影響を受けて財政的に厳しい状況に立たされているらしく、メータ自身は財政が改善されれば将来戻る可能性も否定していないが、この辞任により州政府の緊縮財政が見直される可能性は果たしてあるのだろうか。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 

 
| 欧州クラシック通信 | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 13:50 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。