CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< N響が今月愛媛にやってくる! | main | 欧州クラシック通信(2014.07.18.) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2014.07.16.)

デジタル・コンサートホールで、カラヤン/BPOの全盛期の映像を公開

 




今年、没後25周年を迎えるヘルベルト・フォン・カラヤン。それを記念して、ベルリン・フィルでは自身の運営している「デジタル・コンサートホール」で、カラヤンが1960〜70年代に残したユニテル制作の映像約40タイトル(コンサート映像およびドキュメンタリー)を公開している。

 

これら映像のオリジナルのほとんどが35ミリフィルムで収録されており、それをHD化した高画質で観ることができるという。デジタル・コンサートホールでは2008年よりベルリン・フィルの演奏会を定期的に中継するとともに、1990年代のアバド時代、2000年代初頭のラトルの映像(ユーロアーツ)もアップしており、今回のカラヤンの映像が加わることにより、1980年代を除いたベルリン・フィルの映像作品が、ほぼ網羅される形になるという。既に一部がアップ完了しており、これから8月末までに8回にわたって22タイトルが公開され、秋以降には、残りの約20タイトルが数ヵ月にわたって公開される予定だという。また、今回ベルリン・フィルが独自に制作したドキュメンタリーもアップされる予定だという。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 

 

 
| 欧州クラシック通信 | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:27 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。