CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 欧州クラシック通信(2014.09.08.) | main | 欧州クラシック通信(2014.09.10.) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2014.09.09.)

コンセルトヘボウ管が財政難?

 




ヨ−ロッパ音楽界に動揺が走っている。一部メディアによると、オランダの名門オ−ケストラ、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が財政難に陥っているという。

 

コンセルトヘボウ管は2013年の赤字が86万ユ−ロ(約1億2000万円)の負債を抱えているという。既にチケット代の値上げをしているのだが、今後は更なるチケット代の値上げ(それも限界があると思うのだが・・・)や、民間からの寄付や補助金などで解消に努めなければならないが、最悪の場合、楽団員の給与カットもあり得るというのだ。

 

以前はレコ−ドビジネスから得られる副収入も相当であったと思われるが、近年は衰退の一途で、今やメジャー録音がほとんどない状態で、同管も自前でレーベルを立ち上げているが、それもなかなか難しい状態だし、リ−マン・ショック以降の経済状態が追い打ちをかけたというところだろう。

 

くわえてヤンソンスの退任問題も状況をより深刻化させたといえるだろう。スタ−指揮者を失う同管にもはや『魅力』はないと言ったところだろうか?一部では「このまま行けばこのオケは2016年を迎えることはできない」とまで言っている。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 

 

 
| 欧州クラシック通信 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:37 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://o-arcadia.jugem.jp/trackback/2118