CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 欧州クラシック通信(2014.09.20.) | main | 欧州クラシック通信(2014.10.01.) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2014.09.26.)

クリストファー・ホグウッドが死去

 




イギリスの指揮者、古楽演奏者のクリストファー・ホグウッドが24日、病気のため、英中部ケンブリッジの自宅で死去した。73歳だった。今年の春までは、指揮者として元気に活躍されており、今年11月には来日公演もおこなう予定だったが、7月になって病気療養のために来日中止が発表され、心配されていた矢先のことだった。

 

1941910日にイギリスのノッティンガム生まれ。ケンブリッジ大学で古典学を学んだ後、専攻を音楽に変更し、やがてプラハに留学してカレル大学で研究を行い、ラファエル・プヤーナやグスタフ・レオンハルトらにチェンバロ演奏を学んだ。26歳のときにデイヴィッド・マンロウとともにロンドン古楽コンソートを創設、その間、マリナーのアカデミー室内管弦楽団でもチェンバロ奏者・楽譜編集・校訂者として活躍、やがて1973年には、自身のアンサンブル「エンシェント室内管弦楽団」を結成した。

 

同管でバッハ、ヘンデルの宗教曲やモーツァルトのオペラ、ベートーベンの交響曲などを歴史的奏法で演奏し、作品に新たな光を当てた。80年代以降はモダン・オーケストラを指揮し欧米で広く活躍、音楽学者としても優れた著作を発表し、高い評価を得、また各地のさまざまなオーケストラを指揮する一方、新たなレパートリーにもどんどん挑戦して意欲的な活動を展開していた。日本にもファンが多い。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 

 

 
| 欧州クラシック通信 | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 11:29 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://o-arcadia.jugem.jp/trackback/2120