CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 欧州クラシック通信(2014.11.11.) | main | 欧州クラシック通信(2014.11.19.) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2014.11.13.)

デンマ−ク国会が国立室内管の存続動議を可決

 


デンマーク国立室内管弦楽団を所管しているデンマ−ク放送(DR)が今年いっぱいの解散を(一方的に)通告したのは既報のとおりだが、ここにきて大きな動きがあった。デンマーク国会で国立室内管の存続を求める動議が提出され、圧倒的多数で可決されたという。デンマーク国民党などの保守は当初からオーケストラの解散に反対していたけれど、最近になってリベラルも同調し最終的には圧倒的多数が存続を求めたということだ。

 

この動議は、文化大臣に対してデンマーク国立室内管の存続を働きかけるように要請するものだけれど、文化大臣に義務を課したわけではない。でも国会の大多数が決定したことを大臣が無視すれば、政治的にも厳しい状況に陥るだろう、と言うのが地元メディアの見解だ。国会の議論では、多くの政治家が国立室内管の事を「メト・オーケストラ、ベルリンフィル、ウイーンフィルも実力を認め、解散に反対している」と存続の必要性を述べている。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 

 

 
| 欧州クラシック通信 | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 12:27 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://o-arcadia.jugem.jp/trackback/2138