CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< バレンボイム&クーベリック モーツァルト:ピアノ協奏曲第22&23番 | main | ブロムシュテットのブル6 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
長期連載シリ−ズ  世界のオペラハウス 第26回

長期連載シリ−ズ  世界のオペラハウス 第26回

 

第11章  ロ−マ歌劇場

 



 

「永遠の都」とも呼ばれ、キリスト教の総本山ヴァチカンを抱えるローマ歌劇場を紹介する。

 

ローマという街に関して特に説明は必要ないであろう。2500年の歴史を誇り、7つの丘に囲まれ、テレヴェ川のほとりに広がる永遠の都である。古代ローマ時代、中世、ルネッサンス、バロックなど各時代の建築物が無数の噴水や広場と相まって、見事な調和を持ち、美しくも壮大な街を形成している。現在はイタリアの首都として政治経済の中心地であるとともにラツィオ州の州都でもあり、イタリアで1番大きな街である。

 

ローマを舞台にしたオペラはモーツァルトの「皇帝ティトの慈悲」やドニゼッティの「ドン・パスクアーレ」など無数にあるが、やはり1番有名なのはプッチーニの「トスカ」であろう。舞台は今から200年以上も前の1800年であるが、全幕を通じてすべてが実在の場所となっている。1幕はサンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会、第2幕はファルネーゼ宮殿、そして第3幕はトスカがテヴァレ川に身を投げるサンタンジェロ城。そのほかオ−ケストラ作品では、ローマ3部作といわれるレスピーギの交響詩「ローマの噴水」「ローマの松」「ローマの祭り」もローマの実在の場所や祭りを描いた作品。





 

ローマ歌劇場の歴史は、他の名門劇場に比べると新しい。1880年にロッシーニのオペラ・セリア「セミラーミデ」で開場。当時の名前はオーナーの名前を取ってコスタンツィ劇場と呼ばれた。1888年楽譜出版社のソンゾーニョ社が劇場を買い取り、1幕オペラのコンクールを開催した。その第2(1890)に優勝した作品が、マスカーニの傑作「カヴァレリア・ルスティカーナ」である。このオペラはヴェリズモ(現実主義、写実主義)の代表的な作品と言われ、その後もオペラ座ではヴェリズモ・オペラが数多く取り上げられた。そして、もっとも初演作品として最も有名なオペラもやはり前述の「トスカ」で、1900114日に初演され、大成功を収めた。1928年からは王立オペラ座と名称が変わり、その後、単にローマ歌劇場と呼ばれるようになった。




 

オペラ界最大のスキャンダルとも言われるマリア・カラスの事件が起こったのもここの劇場である。195812日、全盛期を迎えていた彼女は、もっとも得意とする「ノルマ」を大統領隣席のもと歌うことになった。しかし、のどが炎症を起こしていた彼女は1幕の途中で声が出なくなってしまい、2幕以降をキャンセルすることになる。しかし、前夜、前々夜に夜中まで新年の祝賀会などで踊ったり歌ったりしていたことを知っていた観客は激怒し、「ミラノへ帰れ!」と叫び、カラスはようやく逃げ出したのである。「ミラノへ帰れ!」とは当時、彼女はスカラ座のプリマドンナとして世界中に知られていたからだが、もちろん北に対する対抗心も大きかったのであろう。のちに彼女は劇場を訴え、損害賠償金を勝ち取った。しかし、このことが原因で彼女はスカラ座を始めイタリア中の歌劇場から締め出せれ、払った代償はあまりに大きかった。そして、この事件を境に彼女の歌手生命は坂道を転げ落ちていったのである。




 

劇場は馬蹄形で、プラテア(平土間)の上に4層のロジェ(ボックス席)、さらにその上に広い1層のガレリア(天井桟敷)という造り。ワインレッドに金箔が良く映えている。天井の美しいフレスコ画はブルニョーリの作品で、音響も良いが、外観は何だかそっけないようなシンプルな造りである。

 

 
| 長期連載シリ−ズ 世界のオペラハウス | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 10:17 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://o-arcadia.jugem.jp/trackback/486