CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 欧州クラシック通信(2010.09.19.) | main | 欧州クラシック通信(2010.09.21.) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
長期連載シリ−ズ  世界のオペラハウス 第27回

長期連載シリ−ズ  世界のオペラハウス第27回

          

第12章  新国立劇場

 

 

ついに新国立劇場を紹介!

 




日本のクラシック界は、優秀な音楽家を輩出し、数多くの素晴らしいコンサートを持ち、無数の海外のアーティストたち来日していながら、大問題を抱え続けてきた。それは、オペラハウスを1つも持っていないことである。

イタリアやドイツなどに行けば、どんなに小さい町でも“おらが町のオペラハウス”が町の真ん中にあり、町の人たちに愛されている。また、世界中の先進国でオペラハウスを持っていない国は当然日本だけで、私も歯がゆい思いをし続けてきた。そして、諸先輩たちの苦労がついに実り、4面舞台の素晴らしい設備を兼ね備えたオペラハウスが1997年に完成したのである。

 




1997
1010日、永年のオペラファンやすべての音楽関係者の夢と希望を受け、初台に新国立劇場がオープンした。團伊玖磨の新作オペラ「建・TAKERU」の評判は決して上々とは言えなかったが、今でのあの時の興奮は忘れられない。建設前からずっと第二国立劇場と仮称で呼ばれていたため、今でも古い音楽ファンは二国(ニコク)と呼んでいるが、もちろん正式には新国(シンコク)である。オープニングのシーズンは、「建・TAKERU」の後、ワ−グナーの「ローエングリン」を作曲者の孫であり、当時のバイロイト音楽祭の総監督でもあったウォルフガング・ワ−グナ−が演出を担当し、ヴェルディの「アイーダ」では、当代一の名演出家フランコ・ゼッフィレッリの豪華絢爛の舞台や当時若手の注目No.1テノール、ホセ・クーラのラダメス役などで注目され、素晴らしい舞台となった3演目であった。

 

 そもそも新国はどこにあるのか?行ったことのある人や東京近郊に住んでいる人は当然知っているであろうが、初台というところにある。初台は、京王新線の新宿から1つ目の駅で地下にある。そして、北口が新国に、東口がオペラシティへ地下から直結している。しかも、公演がある時には渋谷駅との往復無料シャトルバスも運行しているので、ロケーションはかなり良い。




 

新国は、その初台交差点に面している東京オペラシティという文化複合施設の敷地内の一画を占める。すぐ横(上?)を首都高速4号新宿線が走っていて、都心と中央高速方面の行き帰りには必ず目に入る。東京オペラシティのメインのビルは、1996年に完成した地上54階の超高層ビルで、この1階から4階部分にかけて立派なコンサートホールを持っている。この東京オペラシティのコンサートホールは、作曲家の武満徹の名前を取って、正式名称をタケミツメモリアルと言う。こちらは主にオーケストラのコンサートに使用され、1,632席の客席、立派なパイプオルガンを持ち、音響がとても良いことでも知られている。19979月に小澤征爾の指揮、サイトウキネンの「マタイ受難曲」でオープンしたので、こちらも今年で10周年を迎えた。また、286席のリサイタル・ホールという小ホールも持っていて、主に室内楽のコンサートが行われている。地下に立派なリハーサルも2つ持っていて、私もそこで何度もリハーサルをしたことがある。

 





一方、新国は、大劇場(1,814)、中劇場(1,010)、小劇場(468)3つのホールからなり、オペラ、バレエ、現代舞踊、演劇の自主公演を行っているが、一部貸し劇場公演も行っている。大劇場は、1,800席あまりの客席と理想的な広さと空間を持ち、近代建築の粋を集めた劇場で、素晴らしい音響効果を誇っている。その大劇場は当初よりオペラ劇場と呼ばれていたが、近頃10周年を記念して愛称が公募によって「オペラパレス」になったそうである。正直な感想としては、“何だ、その名前は?”という印象だったが、何もアイディアがなく応募をしなかった私に文句を言う権利はないであろう。将来「オペパレ」などと何だか軽薄な名前で呼ばれないことを祈るのみである。

 

 

 

 





 
| 長期連載シリ−ズ 世界のオペラハウス | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:18 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://o-arcadia.jugem.jp/trackback/487