CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 長期連載シリ−ズ  世界のオペラハウス 第30回 | main | 名フィル常任指揮者フィッシャー退任へ  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2010.10.12.)

「世紀の歌声」 オ−ストラリア人オペラ歌手ジョーン・サザーランド死去

 





「驚異の声」を持つソプラノ歌手として知られたオ−ストラリア人のオペラ歌手、ジョーン・サザーランド
が10日、スイス西部モントルーの自宅で死去。83歳だった。

 

1926年シドニー生まれ。1947年デビュー。1952年に「魔笛」でロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスでのデビューを果たした。1960年にイタリア・デビュ−。音域から低音域まで力強く歌い上げるソプラノ歌手として知られ、マリア・カラスと並び、20世紀で最高のソプラノ歌手のひとりと称された。1990年にシドニー・オペラハウスでの最終公演を最後に引退した。1961年と1981年にグラミー賞を、1979年に大英勲章第2位を、1991年にはメリット勲章を授与された。晩年は病床にいながらも、後進の指導に尽くした。2008年に自宅で転倒し両足を骨折して以降健康状態が良くなく、長い闘病生活を続けていたという。

 

遺族は、サザーランドさんが「長寿を全うし、多くの人々を大いに楽しませた」との声明を発表している。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 
| 欧州クラシック通信 | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:05 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。