CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< カ−ル・ベ−ム 没後30年目の命日 | main | 欧州クラシック通信(2011.08.17.) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行(第1回)

短期集中連載

          

ドイツ・ビ−ル紀行(第1回)

 

ドイツと言えばビールの本場! 自称『熱烈なドイツ・ビール党』が、美味しいドイツ・ビールをさらにちょっぴり味わい深くする情報をお届けする。

 

 

ドイツ・ビールとは

 




「ビール製造にはホップ、麦芽、水、酵母だけを使用すること」。ドイツでは、ドイツ・ビールの原料は法律でこう定められている。日本を始め他国の大部分では風味を良くするためにコーンスターチやスパイスなどを加えられることもあるが、ドイツ・ビールに副原料はタブーである。原料はわずか4種類だけでも、ドイツ・ビールのバリエーションの豊富さと風味の豊かさは世界でも群を抜いている。ドイツ・ビールの原料へのこだわりには、約500年の伝統があり、その起源は1516年にバイエルン公国で発布された「ビール純粋令」が始まりとされている。これは粗悪品の横行を防ぎ、ビールの品質を守るための法律で、ビール純粋令に則った醸造は、高品質のドイツ・ビールの証として守り継がれ、21世紀の今日に至っている。

 

ビール純粋令が制定されたバイエルン公国があったのは、現在のミュンヘンを州都とする南ドイツのバイエルン州のあたり。9世紀頃にはすでにビール醸造が行われていた地方で、まさに『ドイツ・ビールのふるさと』ともいえる所。バイエルン地方にある数々の歴史あるビール醸造所の中でも、1040年創業のヴァイエンシュテファン(Weihenstephan)は、現存する世界最古のビール醸造所として有名である。

 

 

ドイツ・ビールの今日

 




伝統を守り続けるドイツ・ビールは、今も昔もドイツ人の毎日に欠かせない存在。各地にはそれぞれ自慢の地ビールがあり、現在、ドイツ全土に醸造所1300軒以上、5000種を上回る銘柄があるという。もちろん輸入ビールもあることはあるが、それはドイツ全体のビール消費量の7%程度。ドイツで愛されているのはやっぱりドイツ・ビールなのだ。

             

最近ではドイツ人のビール離れが徐々に進んでいるといわれているが、それでもひとり当たりの年間ビール消費量は約111リットルで世界第3位。ちなみにドイツ人ひとり当たりの水の年間消費量は約140リットルなので、ビールは水のように飲まれている感じ。参考までに、日本のビール年間消費量は、発泡酒等を加えてもひとり当たり約48リットルで世界49位。世界一と第2位に輝いたのは、ドイツ人もビール飲みの国と認めるチェコとアイルランドである(データはいずれも2008年の統計)。

 

 

 

 
| 短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行 | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 11:02 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。