CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< ブニアティシヴィリ/リスト作品集 | main | ムツェンスク郡のマクベス夫人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行(第5回)

短期集中連載

                    

ドイツ・ビ−ル紀行(第5回)

 

ドイツの代表的ビール(その2)

 

まろやかでフルーティーな上面発酵ビール

 

Weißbier(ヴァイスビア)/Weizenbier(ヴァイツェンビア)
 地域:南ドイツ  アルコール度数:約5.4

 




ヴァイスビア(ヴァイツェンビア)は、中世以来、バイエルン地方を中心に南ドイツで飲み継がれてきたバイエルン特産の白ビール。バイエルンでは今でもビールと言えばヴァイスビアが常識。ヴァイスビアには色のバリエーションがあり、伝統的なのはヘーフェ(ドイツ語で酵母の意味)をろ過せず、濁りを残した「ヘーフェヴァイツェン(Hefeweizen)」で、色は淡色のヘル(Hell)と濃色のドゥンケル(Dunkel)の二種類。ヘルは黄色っぽく、ドゥンケルは琥珀色に近いです。酵母をろ過した透き通ったタイプもあり「クリスタル(Kristall)」と呼ばれている。

 

いずれも原料の最低50%が小麦であることが条件で、少し濁った感じの色が特徴。味は実にまろやかで甘みがあり、とってもフルーティー。炭酸が効いているため、フレッシュな味わいも楽しめる。醸造元の多くは、主発酵の後でボトリングし、ボトル内で発酵を完了させる方法をとっている。アルコール度数が高めで少しくせのあるビールなので、ちょっと苦手な人もいるかもしれないが、この手の味が好きな人はハマること請け合い。

 

最近ではヴァイスビアの人気もバイエルン州に留まらず、北の方へ徐々に広がってきているよう。と言っても北部でヴァイスビアを飲める場所はごくごく限られているし、どうせなら「バイエルンビールの代名詞」とも言えるヴァイスビアは、ぜひバイエルンで飲みたいところ。ヴァイスビアには、下の方が細くなっている専用のグラス(容量0.5リットル)があり、レストランなどでは必ずこのグラスで出される。日本ではめったに味わえないビールなので、試してみる価値大!

 

 

Kölsch(ケルシュ)
 地域:ケルンとその近郊  アルコール度数:約4.8




ケルシュは、ケルンとその近郊でのみ醸造することが許可されているケルン人誇りのビール。0.2リットルの細長いケルシュグラスもドイツではとても有名。ケルンの街の至るところで、ホップの苦みが効いた淡い黄色のケルシュを、この細長いグラスでグイッと飲み干す姿が見られる。

 

                     

Altbier(アルトビア)
 地域:デュッセルドルフとその近郊  アルコール度数:約4.8

 




伝統的な醸造法で作られるアルトビアは、濃い琥珀色でフレッシュなホップの苦味が効いているビール。Altbier というドイツ語は「古いビール」という意味で、旧式の醸造法である上面発酵を指している。アルトビールの起源はデュッセツドルフと北ライン地方だが、今ではドイツ全国で広く飲まれている。デュッセルドルフの人々にこよなく愛されていて、地元では「Alt(アルト)」と略して呼ばれている。量はケルシュと同じく0.2リットルだが、ケルシュグラスのように細長くはなく、少しずん胴なグラスで出される。ケルンとデュッセルドルフは立地的に近くなのだが、それぞれ異なるビールがあり、どちらも自分たちのビールに誇りを持っているところが面白い。

 

 

Berliner Weiße(ベルリーナー・ヴァイセ)
 地域:ベルリンとその近郊  アルコール度数:約2.8




ベルリーナー・ヴァイセは小麦入りのビールで、ラズベリーまたはWaldmeister(ヴァルトマイスター)という香草のシロップを加えて飲むのが一般的。シロップを入れるため甘くなり、アルコール度数が低いことからも、女性に人気のビール。軽やかな味わいで、わずかに酸味も効いているため夏にぴったり。ラードラーもこの一種。

 

 

ここでは代表的な種類のみご紹介したが、これだけの種類を全部試すのもけっこう大変だ。ヴァイスビアは北ドイツではほとんど飲めないし、ケルシュはケルンにしかないので、自分の足で飲み歩かねばならないのだが、それこそ旅の醍醐味であって、新たな街を訪れるごとにその地元のビールを試してみて、あなたのお気に入りのビールを見つけるのもドイツの旅の楽しみのひとつだと言える。また同じ種類でもメーカーごとに少しずつ味が違うので、それらを比べてみるのも面白いと思う。

 

 

 

 

 
| 短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行 | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 09:58 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://o-arcadia.jugem.jp/trackback/925