CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 欧州クラシック通信(2011.09.09.) | main | 欧州クラシック通信(2011.09.12.) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行(第10回)

短期集中連載

          

ドイツ・ビ−ル紀行(第10回)

                     

バイエルン伝統のビアガーデンに行こう!

 




南ドイツのバイエルン州は、ドイツの中でも特にビールをよく飲む地域。ビアグラスの標準サイズは0.5リットル、ビアホールやビアガーデンでは1リットルのジョッキで飲んでいる人もたくさんいる。そんなバイエルンには、昔から市民の憩いの場であるビアガーデンがたくさんある

 

バイエルン州の定める「ビアガーデン条例」

 

さすがビールの国、さすが法律の国。ドイツのバイエルン州には、「ビアガーデンのあり方」をきちんと定めたビアガーデン条例があります。1999年5月に施行されたこの条例の背景には、ビアガーデン革命と呼ばれる出来事があった。ミュンヘンのある老舗ビアガーデン周辺の住民が訴えた騒音に対する苦情により、一旦ビアガーデンの営業が21時半までに規制されたことを受けて、2万5千人の地元市民がデモを行い、「バイエルンのビアガーデンの伝統を守るべきだ」と抗議したことを受け、バイエルン州は「ビアガーデン条例」を発効。「バンド演奏は22時まで」、「ラストオーダーは22時半」、「遅くとも23時までには家路に着く人々の流れも落ち着き、静かな状態になっていること」などの、騒音に関する規則の他、「ビアガーデンの定義」もきちんと盛り込んだものとなった。

 

定義の二つのポイントは、『その1 緑に囲まれた「庭」のような雰囲気であること』そして『その2 食べ物の持ち込みが許可されていること』。まずその1については、「大きな木々が茂り、木陰に座ることができるビアガーデンが理想的。住宅が密集する地域に住む人々にとっては庭の代わりとなり、緑の中で過ごせる場所を提供できる」、と説明されている。そしてその2の食べ物の持ち込みに関しては、「ビアガーデンは社会の様々な階層の人々が共に集うことのできる大切な場。食べ物の持ち込みを許可することにより、収入の少ない人もお金をかけず、気軽に足を運ぶことができるようになる」、との理由付けがなされている。

 

ビアガーデンがバイエルン州においていかに重要なポジションを占めているか、ご理解いただけたであろうか。 ビアガーデンの良さや大切さが、条例の中で真面目に説明されているところがいかにもドイツらしいところだが、それはビールはドイツが誇る、長い歴史を持つ大切な文化。その伝統を守っていこうという、人々のは真剣な思いなのだ。

 

 

ビアガーデンはセルフサービス

 




基本的にバイエルンのビアガーデンは、セルフサービス。大抵食べ物と飲み物のコーナーは分かれていて、食べ物のところではトレーを持って、好きなものを取りながら進んでいく。肉料理などは、カウンターで欲しいものを頼んでお皿に盛ってもらい受け取る。飲み物のコーナーでも同じく希望のものを頼みグラスについでもらい、欲しいものがすべて揃ったら、トレーを持ってレジへ。会計を済ませたら席へ。

 

飲み物は1リットルジョッキのビール、ハーフサイズ、白ビールなどの他、ラードラーというビールとレモネードが半々の甘くて暑い夏にはぴったりの飲み物や、もちろんジュースなどもある。お料理は、定番のローストチキン、フライドポテト、サラダ、サンドイッチなど、ボリュームたっぷりのものから軽食まで。ビールのおつまみに欠かせないブレッツェル(塩味のきいたパン)も欠かせない。ただ、あくまでもビアガーデンなので、レストランなどと比べると味のレベルはどうしても下がる傾向が。前もってパンやチーズ、そのまま食べられる薄切りソーセージなどを買って行くのもオススメ。

 

 

コミュニケーションの場でもあるビアガーデン

 




「ビアガーデン条例」にも記されているように、ビアガーデンにはいろいろな人が集まり、交流をする場、という役割がある。簡単な長テーブルと長椅子がズラーッと並べられているだけなので、相席になるのは当然。「ここ空いてますか?」と一言声をかけるところから始まって、隣の人と乾杯をし合ったり、ちょっとした会話を交わすなんていう場面も。また、昼間は家族連れも多く、ビールを飲むというよりピクニックをしに来ているという感じの人たちも。もちろん日本人にとって最もびっくりする光景は、昼間からビールジョッキを片手にワイワイやっている人たちの様子なのだが…。

 

 

 

 

 
| 短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 15:03 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://o-arcadia.jugem.jp/trackback/930