CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 関西二期会が10月に「フィガロの結婚」を上演 | main | 徳島県内初の『プロ』オーケストラが誕生 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行(第11回)
 

短期集中連載

          

ドイツ・ビ−ル紀行(第11回)

 

世界最大のビール祭りオクトーバーフェスト(その1)

 




今年も世界最大のビール祭り、「オクトーバーフェスト」の季節がやってきた。世界中から約600万人が訪れるこのビックイベントは、1810年から続くミュンヘンの伝統的な行事であり、お祭りのために特別に造られる「オクトーバーフェスト・ビール」や移動遊園地はもちろん、参加者が着ているバイエルンの民族衣装など、見どころが目白押し。そんなビールの都ミュンヘンが誇る一大祭りなのだ。
開催期間は10月の第1日曜日を最終日とする16日間。ただし1990年のドイツ再統一以来、第1日曜日が1日か2日となる場合には祝日となる3日のドイツ統一の日まで続けることとなった。今年はそれが適用されて、9月17日から10月3日までの開催となる。

 

オクトーバーフェストの会場は、ミュンヘン西部にある「テレージエン・ヴィーゼ(Theresienwiese)」という42ヘクタールの巨大な敷地。そこに14の大テント(ビアホール)と16の中小のテントが立ち並んでいてまさに壮観。大テントのキャパシティーは6000〜7000席。テントの外にはさらに数千席が用意されているという、桁違いの規模。これらが期間中は、朝から晩まで通して満員状態に。席を取るのはもちろん至難の業。

 

各会場では中央にステージが設置され、ブラスバンドが演奏してい.。バイエルンの陽気な民族音楽やポップソングに合わせて、ビールジョッキを片手に歌い踊る人たち。時々、音楽とともに乾杯の合図が流れてくると、一斉に「Prost(プロースト=乾杯)!」というかけ声が会場全体に響き渡る。このとてつもなく広い会場、大音量の音楽、椅子の上に乗って踊る人々のテンションの高さは、初めての人にとってはかなりショッキングな光景だと思う。

 

また人々が着ているバイエルンの民族衣装にも注目したいところ。女性はチェックやストライプ、花柄などのふわっとした農民風ワンピース、男性は革の半ズボン。若い人も年配の人も多くが普段は着ない伝統的な衣装を身にまとう。日本人が浴衣を着て縁日に行くのと同じことか。

 

 

ミュンヘンのビール醸造所が特別に造る「オクトーバーフェスト・ビール」

 




オクトーバーフェストに出展できるのは、ミュンヘンのビール醸造所のみAugustiner(アウグスティーナー)、Hofbräu(ホーフブロイ)、Löwenbräu(レーヴェンブロイ)、Hacker-Pschorr(ハッカー・プショ−ル)、Paulaner(パウラーナー)、Spaten(シュパーテン)の6大メーカーが毎年このビール祭りのために、特別にビールを製造している。普通のビールより甘みが少し強く、麦芽の味がきいているオクトーバーフェスト・ビールは、アルコール度数が6%前後と高め。これは原麦汁濃度が通常より高いためだそう。

 

またオクトーバーフェストでは、ビールは1リットルサイズしかない(!)。この1リットルジョッキは「Maß(マス)」と呼ばれ、たくましい腕をしたウエイトレスさんが両手に何本も持ってテーブルに運んでくる。ちなみにバイエルン以外の地域の人たちは間違って「マース」と発音することが多いのだが、「マス」が正しい発音。ミュンヘンで「マース」と言うと「マスだよ」と直されることも。

 




このビール、アルコール度数が高いので1リットルも飲んだら酔いがけっこう(かなり)回ってくる。お酒があまり強くない人は2人で1つ頼むのも良い。おつまみには特大ブレッツェルや、Obatzda(オーバツダ)というカマンベールとクリームチーズを練り合わせたものがぴったり。ローストチキンもオクトーバーフェストの定番で、期間中大量に消化される。

 

オクトーバーフェストのもう1つの見どころは移動遊園地。毎年この期間のために組み立てられ、お祭りが終わると撤去される遊園地で、ジェットコースターやフリーフォールなど絶叫マシン系もある本格的なもの。「移動遊園地でジェットコースターって大丈夫なの?」と思う人も多いと思うが、ドイツ(ヨーロッパ)ではこれがごく普通なのでご安心を。他にもバイキング、メリーゴーランド、お化け屋敷などいろいろあるが、中でもオススメは観覧車。上からはオクトーバーフェストの会場全体、さらにはミュンヘンの街並みが見渡せて、旅の最高の思い出になるはず。

                       

 

 

 

| 短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行 | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 10:01 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://o-arcadia.jugem.jp/trackback/931