CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 欧州クラシック通信(2011.09.15.) | main | 準・メルクル/ツァラトゥストラはかく語りき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行(第12回)

短期集中連載

          

ドイツ・ビ−ル紀行(第12回  最終回)

 

世界最大のビール祭りオクトーバーフェスト(その2)

 

常に満席の会場で席を取るには

 




期間中は日時を問わずいつでも満席状態の会場。特に夜は(週末は一日中)混雑が激しくなり、一時入場を制限されるテントも出るほどです。平日のお昼過ぎが比較的すいていて、席が取りやすい時間帯。場所取りはタイミング次第。しばらく行ったり来たりしていると、そのうち席を立つ人がいるので、そうしたら迷わずそこに座りましょう。ちょっとでも迷っていると、すぐに他の人に席を取られてしまいがち。

 

またテントの外の席は空いている可能性が大。中の方が生演奏もあって、オクトーバーフェストならではの雰囲気を味わえるが、外でも十分楽しめる。タバコのにおいが苦手な人や、うるさすぎるのはちょっとという人は、むしろ外の方がある程度落ち着いていて良いだろう。でもとにかくドイツ人と一緒に踊りたい!と言う人は、がんばって中で席を探すべし。どちらにしても根気よく探すことが大切。

 

 

華やかなオクトーバーフェスト・パレード

 




オクトーバーフェストのパレードが初めて行われたのは1835年。バイエルン王ルートヴィッヒ1世と妻テレーゼの銀婚式を記念してのこと。1950年以来毎年行われるようになり、今ではオクトーバーフェストのハイライトのひとつとなっている。この大々的なパレードは、毎年オクトーバーフェスト2日目の日曜日、朝10時にスタート。ミュンヘンの旧市街に7Kmにわたるルートが作られ、沿道には開始前から大勢の人。華やかな行列がやってくるのをワクワクしながら待っている。パレードではドイツの様々な地域のグループが、その土地の民族衣装を着て次々に登場。民族衣装は地域ごとに個性があり、いろいろ見比べることができてとっても楽しい!パレードの参加者は合計約8000人以上という大規模なもの。吹奏楽隊、射撃クラブ、ファンファーレ隊、中世の風変わりな踊りを披露するグループなどなど、伝統文化を今も大切に保存する団体が、工夫を凝らした衣装や演出を見せてくれる。参加者はバイエルン州の団体が主だが、その他の州や、スイス、イタリア、オーストリアなどの外国から来ているグループもいる。時には日本からも…。

 




オクトーバーフェストに出店する各ビールメーカーは、豪華に飾りつけられた車を何頭もの立派な馬に引かせてアピール。これもなかなかの見もの。またミュンヘン市長、バイエルン州首相も馬車に乗って登場し、観客の注目を一気に集める。ブラスバンドの行進曲にのって練り歩く華やかなパレード。最初から最後まで見ると2時間ほどかかるが、どの団体も興味深く、全く飽きない。夢中になって見ていると、2時間なんてあっという間だ!

 

パレードは、バイエルン州の州議会議事堂であるマクシミリアネウムMaximilianeum)前でスタート。そこからバイエルン政府関係の建物や高級ブランド店が立ち並ぶマクシミリアン通りMaximilianstraße)を通り、バイエルン州立歌劇場のところで右に曲がり、オデオン広場Odeonsplatz)でUターンし、カールス広場Karlsplatz)方向へ。そこからゾンネン通りSonnenstraße)、シュヴァンターラー通りSchwantahlerstraße)と進み、お祭り会場のテレージエンヴィーゼTheresienwiese)に到着します。「オデオン広場」はパレートのちょうど中間地点で、ここには段上の観客席が設けられており、ミュンヘン市長、バイエルン州首相が座っている。

 



 

初日のオープニングパレード

 

オクトーバーフェスト初日にも、規模は小さめだがパレードが行われる。これはビールメーカーやテントなどの各出店者が豪華な馬車に乗ってパレードをしながら会場入りし、お祭りの幕が開けるというもの。参加者は約1000人ほど、ルートも2日目のパレードより短いですが、こちらも同じく音楽隊や民族衣装を着た人々の行進が見られます。スタートは午前10時45分。正午にはパレードが会場に到着し、ミュンヘン市長によるビール樽の開栓が行われ、いよいよオクトーバーフェストが始まりだ!

 

 

会場へのアクセス方法

会場へは主にUバーン(地下鉄)かSバーン(都市近郊電車)で行く。

■U
バーン
U
3・U 「Goetheplatz(ゲーテプラッツ)」または「Poccistraße(ポッチシュトラーセ)」下車
U
4・U 「Theresienwiese(テレージエン・ヴィーゼ)」または「Schwanthaler Höhe(シュヴァンターラー・ヘーエ)」下車

■S
バーン
全てのSバーン路線 「Hackerbrücke(ハッカー・ブリュッケ)」下車

「テレージエン・ヴィーゼ駅」は中でも最も混雑するので、U4・U5を避けて他の路線で行くことを強くおすすめ。駅から会場までは「Oktoberfest」という表示に従って行く。会場へ向かう人が常にたくさんいるので、人の流れに乗っていけば大丈夫。道を知らなくても問題なく着くだろう。

トイレは?

ドイツでは、トイレのことを「00」と表すことがある。数字のゼロが二つ並んだものなのだが、オクトーバーフェストでもこのような表示がされていることが多い。広い会場内でも遠くからこの印が見えるので、とても便利。ちなみに弓矢を持った男の子が、トイレの上に座っている。

 

会場での注意点

スリには十分気をつけたい。手ぶらで行くのが一番だが、なかなかそうもいかないと思うので、最小限のものだけを持ち貴重品は身につけないようにしたい。特に夜は人ごみが激しくなるので注意が必要。また夜になってくると、酔っ払いも増えて来るので要注意。明らかに飲みすぎでアグレッシブになっている人もいるので、からまれたりしないよう気をつけよう。

 

 

 

 
| 短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行 | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 09:58 | - | - | pookmark | 昨年の記事









http://o-arcadia.jugem.jp/trackback/932