CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行(第5回) | main | 短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行(第6回) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
ムツェンスク郡のマクベス夫人

ムツェンスク郡のマクベス夫人

              




ショスタコーヴィチ:歌劇『ムツェンスク郡のマクベス夫人』全曲

 

カテリーナ:アンゲラ・デノケ(ソプラノ)

セルゲイ(下男):ミ−シャ・ディディク(テノール)

ボリス(舅):クルト・リドル(バス)

ジノーヴィ(カテリーナの夫):マリアン・タラバ(テノール)

アクシーニャ:ドンナ・エレン(ソプラノ)

ボロ服の農民:ミヒャエル・ロイダー(テノール)

司祭:ヤヌシュ・モナルハ(バス)

警察署長:甲斐栄次郎(バリトン)

ソネートカ:ナディア・クラステワ(ソプラノ)

 

ウィーン国立歌劇場管弦楽団&合唱団

インゴ・メッツマッハ−(指揮)

 

録音時期:20091023

録音場所:ウィーン国立歌劇場

録音方式:デジタル(ライヴ)

 

オルフェオ・オルフェオド−ル(独) CD(2枚組) ORFEOR812112(オ−プンプライス)

 

 

デノケの鬼気迫るカテリーナ、メッツマッハーの驚くべきコントロール能力が光る

問題作の衝撃盤

 

ショスタコーヴィチの最も先鋭的な問題作『ムツェンスク郡のマクベス夫人』。これが上演、録音されれば、必ず話題となるのだが、今回非常に刺激的な新録音が登場した。これは2009年10月23日にウィーン国立歌劇場で行われたライヴで、現在人気・実力ともに最高のアンゲラ・デノケが主人公カテリーナを演じているのが注目。難技巧に加え、性的な場面や堕ちていく女の哀れさと怖さを体当たりで熱演、カテリーナ本人に思えてしまうほどの没入ぶりが見られ、後半は涙なしには聴けない。イケメンなだけのサイテー男セルゲイはミーシャ・ディディクが甘い声で好演。セクハラ爺のボリスはクルト・リドル。ネチネチとしたいやらしさでこれも好演。

 

ショスタコーヴィチがまだ国から弾圧を受ける前、自由な表現ができた時期の作で、かなり急進的かつ不道徳でもあり、性行為を音楽で描写する場面などスターリンを激怒させたと言われている。しかし、どの部分もまさに天才の筆で、聴く者を圧倒、あらゆる演出を音楽が凌駕してしまうのもいたしかたないか。

 

声楽陣の重要さはもちろんだが、「四幕の交響曲」とも称されるこのオペラは、オーケストラの役割の大きさも命で、そこはさすがメッツマッハーの指揮のもと、驚くべき緊張感とコントロールで絶大な効果をあげている。もともとはキリル・ペトレンコが振る予定だったのだが、キャンセルのためメッツマッハーが急遽代役を務めたとのことだが、明らかにメッツマッハーで正解と断言できる凄さ。寒々とした陰惨さはトラウマになりそうなリアルさ。ロシア音楽に興味を持つ方はもちろん、オペラ・ファン必聴の超強力盤誕生だ。

 

 

 

 

 
| CD・DVDレビュ− | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 17:17 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。