CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
<< 短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行(第6回) | main | ボロ−ニャ歌劇場も祟られる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
欧州クラシック通信(2011.09.02.)

バイロイト音楽祭もネットでチケットを販売

 




今年のバイロイト音楽祭も無事終了し、来年のスケジュ−ルが発表になった。来年の新制作は「さまよえるオランダ人」で、タイトルロールはロシアのバリトン、エフゲニー・ニキティンが歌う。ダーランドはフランツ・ヨーゼフ・ゼーリヒ。エリックがミヒャエル・ケーニヒでゼンタはアドリア−ネ・ピエチョンカが歌う。彼女は既に06年と07年にジークリンデを歌っている。「さまよえるオランダ人」の演出はジャン・フィリップ・グロガーで指揮はクリスチャン・ティーレマン。また、「パルジファル」指揮者がガッティからスイス人のフィリップ・ジョルダンに交代する。

 

来年からの新機軸として、バイロイト音楽祭もインターネットでチケットの注文を受け付けるらしい。受付開始は9月15日。ただし受付のみであるから、クリックしたからといって確実にチケットが入手することはできない。また今まではチケット代は銀行振り込みだったけれど、クレジットカードも受け付ける。

 

文:三宅坂 幸太郎(音楽ジャ−ナリスト)

 

 

 
| 欧州クラシック通信 | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
スポンサーサイト
| - | 19:57 | - | - | pookmark | 昨年の記事









トラックバック機能は終了しました。