CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行(第2回)

短期集中連載

          

ドイツ・ビ−ル紀行(第2回)

                      

ドイツ・ビールの特徴

 




昨今では、さまざまなドイツ・ビ−ルがドイツ全国に流通し、日本へまで出荷されている銘柄もあるが、ドイツ・ビールは本来すべて地ビールであるといっても過言でない。水の硬度や麦の種類、ホップの品質、発酵方法などの違いから、各地で個性ある地ビールが醸造されている。地元の醸造所から届くフレッシュな地ビールの味わいは格別!ドイツ旅行ではぜひとも旅先のご当地ビールを味わってもらいたいものである。

             

ドイツ・ビールの種類の踏み込んだ解説は別の機会に譲るとして、とにかく一目で分かる違いと言えば色。黄金色、黄色、琥珀色に黒などなかなかカラフル。濃色ビールは一見苦味が強そうな印象があるかもしれないが、色は麦芽、苦味はホップに大きく左右されるので、色と苦味の強さは比例しない。また、濁ったビールもドイツではよく見かけられる。これは酵母をろ過していない澱入りビールで、味わいがよりナチュラルだという。

 

ドイツ・ビールの平均的なアルコール度数は4.5〜6%前後で日本のビールとあまり違わない。味わいは日本のビールよりもむしろまろやかで甘みのあるタイプも多く、特に女性に多い「苦味のせいでビールは苦手」という人でも親しみやすいと思う。また、ドイツ・ビールはキンキンに冷やすことはせず、だいたい8前後が飲みごろの温度といわれている。

 

 

ビールは「飲むパン」

 




中世の時代、ドイツの多くの修道院でビールが醸造されていた。規律の厳しそうな修道院と、嗜好品であるビール。どうも結び付かないような気がするが、当時の人たちにとってビールは嗜好品ではなく、栄養価の高い重要な飲み物だったのだ。現代のような豊かな食生活とは程遠い、中世の質素な食生活。とりわけ修道士たちは、農作業などの日々の肉体労働や厳格な生活の中、体が必要とする栄養を少しでも多くとることが必要であった(今でも多くの『飲兵衛』たちはそう自分の心に言い聞かせながら飲んでいる)。

 

毎年春にある「復活祭」前の40日間は断食を行う期間で、特にこの間はどのように栄養を摂取するか、ということが非常に重要な課題であった。そこで、断食とは食べることを禁じているのであって、液体状のものを口にする行為は断食を破ることにはならないという見解で、修道士たちは麦からできた液体=ビールをせっせと飲んでいたという。これで断食期間も、同じく麦からできているパンを食べるように、栄養をとっていたというわけだ。

 

ビールを「液体状のパン」として日々飲んでいた修道士たち。想像すると、それだけで何とも面白い光景なのだが、さらに驚かされるのが、彼らが一日に飲むことを許されていたビールの量は、なんと5リットル! しかも17世紀前半ごろからは、断食時には「さらに栄養価の高いビールを」ということで、アルコール度数が普通より高めのものが造られていたということ。強いビールを毎日何リットルもガブガブ飲んでいたドイツの修道士たち(しかも空きっ腹に)。

 

この断食のときに強いビールを飲むという習慣は、バイエルン地方に今でもしっかり残っていて、毎年3月には「強いビールの季節(Starkbierzeit)」として、各ビアホール、ドイツ料理レストランでアルコール度数の高い特別ビールを飲むことができる。

 

 

 

 

 
| 短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行 | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行(第1回)

短期集中連載

          

ドイツ・ビ−ル紀行(第1回)

 

ドイツと言えばビールの本場! 自称『熱烈なドイツ・ビール党』が、美味しいドイツ・ビールをさらにちょっぴり味わい深くする情報をお届けする。

 

 

ドイツ・ビールとは

 




「ビール製造にはホップ、麦芽、水、酵母だけを使用すること」。ドイツでは、ドイツ・ビールの原料は法律でこう定められている。日本を始め他国の大部分では風味を良くするためにコーンスターチやスパイスなどを加えられることもあるが、ドイツ・ビールに副原料はタブーである。原料はわずか4種類だけでも、ドイツ・ビールのバリエーションの豊富さと風味の豊かさは世界でも群を抜いている。ドイツ・ビールの原料へのこだわりには、約500年の伝統があり、その起源は1516年にバイエルン公国で発布された「ビール純粋令」が始まりとされている。これは粗悪品の横行を防ぎ、ビールの品質を守るための法律で、ビール純粋令に則った醸造は、高品質のドイツ・ビールの証として守り継がれ、21世紀の今日に至っている。

 

ビール純粋令が制定されたバイエルン公国があったのは、現在のミュンヘンを州都とする南ドイツのバイエルン州のあたり。9世紀頃にはすでにビール醸造が行われていた地方で、まさに『ドイツ・ビールのふるさと』ともいえる所。バイエルン地方にある数々の歴史あるビール醸造所の中でも、1040年創業のヴァイエンシュテファン(Weihenstephan)は、現存する世界最古のビール醸造所として有名である。

 

 

ドイツ・ビールの今日

 




伝統を守り続けるドイツ・ビールは、今も昔もドイツ人の毎日に欠かせない存在。各地にはそれぞれ自慢の地ビールがあり、現在、ドイツ全土に醸造所1300軒以上、5000種を上回る銘柄があるという。もちろん輸入ビールもあることはあるが、それはドイツ全体のビール消費量の7%程度。ドイツで愛されているのはやっぱりドイツ・ビールなのだ。

             

最近ではドイツ人のビール離れが徐々に進んでいるといわれているが、それでもひとり当たりの年間ビール消費量は約111リットルで世界第3位。ちなみにドイツ人ひとり当たりの水の年間消費量は約140リットルなので、ビールは水のように飲まれている感じ。参考までに、日本のビール年間消費量は、発泡酒等を加えてもひとり当たり約48リットルで世界49位。世界一と第2位に輝いたのは、ドイツ人もビール飲みの国と認めるチェコとアイルランドである(データはいずれも2008年の統計)。

 

 

 

 
| 短期集中連載 ドイツ・ビ−ル紀行 | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事