CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
クラシック専門 音楽マネジメント
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | 昨年の記事
チューリッヒ空港の搭乗手続き
本当は、この更新をするつもりではなかったのだが、あまりの導線の良さに感心したので、あえて更新した次第。

チューリッヒ空港駅に到着したのが10時38分、ホームのあるフロアから1フロア上がると、そこにチェックインカウンターがあり、しかもかなりの数があるためにスイスイと進み、チェックインが終わったのが10時48分!なんと電車到着からわずか10分という快適さだった。

羽田も成田も大半の乗客は電車移動なんだから、チューリッヒ空港に見習って、改札口を出て直ぐのところにチェックインカウンターを設けてみては如何なものか。後はやる気の問題と、本当の意味のお客様サービスを考えれば、そんなに難しいことではない気がするのだが・・・。
| 社長の海外出張日記 | 18:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
チューリッヒからミュンヘンへ
チューリッヒの慌ただしい滞在を終え、これからミュンヘンに向かいます。ホテルをチェックアウトして、チューリッヒ中央駅へと移動し、Sバーンでチューリッヒ空港駅へ。12時15分発の飛行機でミュンヘンへと向かいます。到着は13時10分の予定です。
| 社長の海外出張日記 | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
チューリッヒ到着
P2013_1017_121026.JPG
9時前にチューリッヒ空港に到着、当初は16日の16時だったので、およそ17時間遅れのチューリッヒ入りだ!空港で荷物を受け取ったら、地下の空港駅からSバーン(快速電車)に乗ってチューリッヒ中央駅へと向かう。所要時間約10分。

チューリッヒ中央駅に着いて正面入口から市内を見ると、もうホテルはすぐそこだ。中央駅の停留所から1駅のセントラルの目の前が私のチューリッヒの定宿である。しかしながらもう何年も前からチューリッヒに来ていない。理由は簡単なんだけど・・・。

ホテルはあらかじめ連絡を入れていたので要領を得ており、すでに私の部屋を用意して待っていてくれた。こういう長旅のあと、直ぐに部屋に入れるかどうかは後に影響するので非常に助かる。部屋に入って荷物をほどいたら、早速シャワーを浴びる。

スッキリとしたらもうお昼前になっていたので、昼食がてら久々のチューリッヒの街を散策に出掛けた。ここチューリッヒは世界屈指の物価の高い街なので、ランチが20スイスフラン(約2200円)は当たり前、少しでも安いところをと探したら、イタリアンのお店が見つかった。そこでペンネ・アラビアータを注文(13.8スイスフラン 約1500円)だったが、お味は??

今日は夕方から大切なミーティングと、夜にはチューリッヒ歌劇場でベッリーニの「異国の女」を観賞する。
| 社長の海外出張日記 | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
フランクフルト到着
私たちを載せた全日空機は、定刻よりも30分ほど早い午前5時36分にフランクフルト空港に到着しました。フランクフルトはロンドン・ヒースロー空港や、パリ・シャルル・ド・ゴール空港と並ぶ巨大空港ですから、着陸後、ゲートのところへ行くまでに15分ほどかかります。飛行機を降りて、ボーディングブリッジを渡り、ターミナルに入るとほどなく入国審査があり、そこを抜けると税関検査がありました。ここで数々のアーティストが不条理に泣かされて来たのだと一瞬思いましたが、ここはグッとこらえて笑顔で通過します。

乗り継ぎ便の目的地はスイス・チューリッヒ。その搭乗ゲートまで移動です。まずは手荷物検査を受けて、その後表示どおりにゾーンAへ。途中、エレベーターで地下まで降りて、数百メートルもあろうかと思うほど長い地下のトンネル通路を通ります。この地下通路のことをとあるアーティストは「宇宙船みたい」と評していましたが、解らないでもない表現です。この「宇宙船みたい」な長い地下通路を抜けると再びエレベーターがあり、ターミナル階へ。

ここからはある意味「運任せ」みたいなもので、手前にある若い番号のゲートであれば、あまり歩かなくて済むし、30番台も後半のゲートであれば、延々と歩くハメに遇います。今回はゲート34番で、どちらかと言うと歩く方に当たりました。飛行機を降りてから目的のゲートまでの所要時間は約35分ほど。大きい割にはコンパクトな移動を信条とするフランクフルト空港らしい結果でした。

チューリッヒ行きのルフトハンザ機は、午前8時ちょうどにフランクフルト空港を出発します。
| 社長の海外出張日記 | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
いよいよ搭乗
日付が変わって、17日になり、ラウンジから出て搭乗ゲートに向かう。ラウンジからすぐのところにある111番ゲートが今日のフランクフルト行き全日空機が駐機しているところだ。

0時35分すぎにボーディング開始のアナウンスが流れ、搭乗開始。機材は最新鋭のボーイング787型機だ。これから約12時間のフライトで、現地時間午前6時10分にフランクフルト空港に到着する。
| 社長の海外出張日記 | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
羽田空港国際線ターミナルに到着
リムジンバスは快調に走り、さしたる渋滞もなく、羽田空港にやって参りました。リムジンバスは最初第2ターミナルに、次に第1ターミナルで降車した後、国際線ターミナルに到着しました。ほぼ定刻です。

3階の出発ターミナルで新しい航空券と、チューリッヒまでの搭乗券をチェックインカウンターで貰い、いよいよ出国です。まずは国内線と同じ要領で手荷物検査があり、次にパスポートコントロールを受けると、事実上、海外に出たことになります。

今はラウンジで出発までのなが〜い時間を過ごし始めたところです。予定では、ボーディング開始が日付変わって10月17日午前0時35分、出発が1時ちょうどです。
| 社長の海外出張日記 | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
ようやく羽田空港へ
成田駅からいったん成田空港へ行くという選択肢は、どうやら正解だったようだ!成田発の電車がほどなく来て、無事に成田空港第2ターミナルビルに到着。毎度「意味のない」パスポートコントロールを受けてから、1階の到着階へ。そこで羽田空港行きのリムジンバスのチケットを購入して、乗り場へと行く。

16時30分にリムジンバスは出発し、途中に第1ターミナルの乗客も拾って、一路羽田空港国際線ターミナルへと向かうのであった。もうここからはハプニングは起きることはない(はずだ)!
| 社長の海外出張日記 | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
「苦難の道」はなおも続く
宿泊先ホテルのご厚意により、14時までのレイト・チェックアウトが出来たので、台風の中、大きな荷物を持ったまま放り出されなかったのは幸いでした。

チェックアウトした後、ホテルのシャトルバスで成田駅まで送っていただき、成田から羽田空港までは京成線で行くつもりだったのだが・・・。

ところが京成線では、台風による土砂流出入のため上下線で運転見合せしているではないか。駅員さんに聞くと、「JR線でなら行けますよ」とのことなので、少し離れたJR成田駅に向かった。

成田駅からは通常ならば品川駅まで直通運転しているのだが、今日は成田からは千葉で折り返し運転しているとのことで、千葉で乗り換えてほしいとのこと。しかし、相当な間引き運転と、かなりの乗り換え回数(千葉、東京、品川の最低3回は必要)に、大きな荷物を持って乗り換えるのは相当な負担になると判断し、成田からいったん成田空港へ行き、成田空港からリムジンバスで羽田空港に行くルートを選択することにした。幸い、リムジンバスは13時ころから通常運行に戻っており、成田空港まで行けばなんとかなるだろう。
| 社長の海外出張日記 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
最悪の事態!
今回の航空券の発券航空会社である全日空から19時過ぎに電話があり、「明日のスイス航空のフライトは台風によりキャンセルになった。同日の大部分のヨ−ロッパ行きがキャンセルとなっている。そこで振り替え便として、17日の成田発ミュンヘン経由チュ−リッヒ行きが用意されているのですが・・・」とのことなので、「チュ−リッヒ着は何時ですか?」と問うと「20時過ぎです」との回答、「それでは遅い!」と言うと「ではウィ−ン経由では?」との返事に「それなら到着は何時?」との問いに「19時ちょうどです」

「要するにこちらは17日の夕方の大事なミ−ティングのために前日入りしているのであって、いくら台風という不可抗力と言っても、到着が24時間以上遅れるというのは理解しがたい」と強硬に突っぱねたら、「後ほどお電話してもよろしいですか」とのこと。

結局、17日の午前1時羽田発の全日空フランクフルト行きで、フランクフルト経由でチュ−リヒに入る便へと変更となった。

しかし、明日1日丸々暇になったので、どうやって時間つぶししようかと思案中だ。そんなことなら、明日の最終便で松山を出ても充分に間に合うのだから。今日の成田のホテル代と羽田成田間の往復の移動費、そして何よりも31時間がもったいない。それにしても台風が恨めしい。 
| 社長の海外出張日記 | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事
成田のホテルに到着
無事に成田のホテル、ANAクラウンプラザホテル成田に到着することが出来ました。とりあえずはホッと一息です。

本当なら荷物を置いた後、成田市内へ夕食に出るところですが、台風接近のため計画変更、ホテル内での夕食にしました。これで時間的なロスは無くなりました。
| 社長の海外出張日記 | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | 昨年の記事